シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『かぐや姫の物語』アカデミー賞受賞の可能性と意味【第87回アカデミー賞】(1/2)

『かぐや姫の物語』アカデミー賞受賞の可能性と意味
ノミニーズランチョンに出席したときの高畑勲監督 - Frazer Harrison / Getty Images

 米国アカデミー賞長編アニメ部門にノミネートされた『かぐや姫の物語』に関しては、原稿執筆中の2月2日(現地時間)にも高畑勲監督がノミネート対象者ほか約150人が集う「ランチ会」に出席したことが報じられ、関心の高さが伝わってきた。(文・氷川竜介=アニメ・特撮研究家/明治大学大学院客員教授)

 実は日本の長編がノミネートまで行くこと自体、それほど多くない。アニメーション部門が設立された2001年直後の2002年には宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』が『リロ&スティッチ』を抑えて受賞したものの、以後は2005年に『ハウルの動く城』、2013年に『風立ちぬ』と宮崎駿監督作品が2回ノミネートされたに留まり、同監督の『崖の上のポニョ』(2008)ですら入っていない。今敏監督の『東京ゴッドファーザーズ』(2003)など直前まで行った作品はいくつかあるが、実はノミネートされないと宣伝などに「アカデミー賞」の名前が使えないため、記録にも残らないという寂しい状況がある。

 日本では数多くのアニメ映画が毎年公開されているのに、なぜ対象外となるのか。それは日本ではマンガ・ゲーム・ライトノベルなどメディア芸術の層が厚すぎて、オーディエンスが相互にクロスオーバーしていることが一因であろう。アニメ映画の企画成立も国内向けビジネスに特化された結果、映画としての独立性が乏しくなるケースも多く、結果的に越境性に欠けるわけだ。アニメ映画の大半はTVアニメの拡大版、続編でもあるし、極論を言えば「キャラクター」しか話題にされないフィルムも大多数だ。

 徹底してドメスティック、悪く言えば鎖国的な環境下でエッジが立った日本製アニメ作品群が海外のマニアに訴求しているのは事実だ。とは言え、そこに一般社会につながる拡がりがどの程度あるかには疑問が残る。米国内で公開された映画の全体状況を位置づけるアカデミー賞が普遍性のある観点で多角的に評価するのは当然で、ビデオソフトやケーブルテレビ、ネット配信というニッチなビジネス展開をする日本製アニメ状況とは乖離もある。評価には大衆的な娯楽性と同時に、時代や社会と切り結んでいるかという作家性の有無も大きく問われるし、過去からつながる芸術のコンテクストをふまえた上で、表現が何らか更新されているか等も基準であるに違いない。実際、このような基準で絞りこまれたことは、今年のノミネート作品のトレーラーから如実に伝わってくる。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 2月
  4. 10日
  5. 『かぐや姫の物語』アカデミー賞受賞の可能性と意味