シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ベルリン映画祭で観客から「アイチャン」の声!橋本愛主演『ワンダフルワールドエンド』【第65回ベルリン国際映画祭】

ベルリン映画祭で観客から「アイチャン」の声!橋本愛主演『ワンダフルワールドエンド』
ベルリン映画祭に参加した松居大悟監督 - Photo:Yukari Yamaguchi

 現地時間12日、第65回ベルリン国際映画祭のジェネレーション14プラス部門で映画『ワンダフルワールドエンド』が上映され、メガホンを取った松居大悟監督が登壇した。性描写、暴力描写も無修正で上映される本映画祭では、鑑賞できるのは基本的に成人のみだが、ジェネレーション部門だけは未成年でも観られる映画を集めている。

 その中でも14歳以上を対象にした14プラスは、映画祭参加の興奮を隠せないティーンエージャーがいっぱい。本作の上映も、大きな笑い声や画面に突っ込みを入れる声が上がるなど、ビビッドに反応する観客の熱気あふれるものとなった。

 本作は、アイドル志望の少女を主人公に、少女たちの夢と現実を描くもの。撮影会やSNSでファンとつながり、小規模のアイドルなら誰でもなれる時代を見せるのが興味深い。後半、夢から覚める少女たちだが、最後はファンタジーを交えたのが作品に広がりを持たせている。そのファンタジックな演出に、若い観客は大喜び。結末に向かい、どんどんボルテージを上げた。エンドロールが始まると「アイチャン」の声も聞こえ、主人公を演じた橋本愛の登場を期待する観客もいたようだ。

 残念ながら橋本は登場しなかったが、松居監督が質問に答えた。意外性のある本作を「音楽をやってくれた大森靖子さんと作ったんですけど、僕の台本にダメ出しが積み重なって、わからなくなっていって、理屈じゃなく本能で作った感じです」と語る。最後に登場する不思議なウサギは何かと問われた松居監督は「僕もわからなくて。後で答えを教えてください」と夢を残し、喝采を浴びた。(取材・文:山口ゆかり / Yukari Yamaguchi)

映画『ワンダフルワールドエンド』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 2月
  4. 16日
  5. ベルリン映画祭で観客から「アイチャン」の声!橋本愛主演『ワンダフルワールドエンド』