シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ギャガ2015-16年のラインナップ発表!『ミスター・ホームズ』『プライドと偏見とゾンビ』『セルマ』など(1/2)

ギャガ2015-16年のラインナップ発表!『ミスター・ホームズ』『プライドと偏見とゾンビ』『セルマ』など
映画『ミスター・ホームズ(原題)』より - PHOTO CREDIT: Agatha A Nitecka / COPYRIGHT: SLIGHT TRICK PRODUCTIONS

 17日、ギャガ株式会社が2015年~2016年ラインナップ発表会を都内で開催し、今後27本の配給予定作品を明らかにした。27作というのはギャガにとってここ数年で最大の配給本数で、93歳のシャーロック・ホームズをイアン・マッケランが演じる『ミスター・ホームズ(原題)』から、ジェーン・オースティンの「高慢と偏見」にゾンビ的要素を加えたリリー・ジェームズ主演の『プライドと偏見とゾンビ(仮題)』、トム・ハーディ、ゲイリー・オールドマンら出演でソ連を舞台に小児連続殺人事件を描く『チャイルド44(原題)』までバラエティー豊かなラインナップになっている。

 第87回アカデミー賞にノミネートされているのは、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』『セッション』『ワイルド・テイルズ(原題) / Wild Tales』『ナイトクローラー(原題)』『セルマ(原題)』の5作品。外国語映画賞にノミネートされている『ワイルド・テイルズ(原題)』は、小さなきっかけで人生が狂ってしまった普通の人々の姿をサスペンス、コメディー、バイオレンスなどさまざまな手法で紡ぎ、本国アルゼンチンで年間興行収入第1位を記録した話題作だ。

 ヨーロッパの作品は、チャールズ・チャップリンの遺体を“誘拐”するという実際の事件を基にしたクライム・エンターテインメント『ザ・プライス・オブ・フェイム(原題)』、ヒトラー暗殺を実行に移した男を主人公にしたオリヴァー・ヒルシュビーゲル監督の『13ミニッツ(原題)』、ギャスパー・ウリエル主演でイヴ・サンローランの愛と苦悩を描いた『サン ローラン(原題)』など。

 さらにラッセル・クロウとアマンダ・セイフライドが父娘にふんした『ファーザーズ・アンド・ドーターズ(原題)』、ジェームズ・ディーン(デイン・デハーン)と若手カメラマン(ロバート・パティンソン)の姿を描く『ライフ(原題)』、ジョセフ・ゴードン=レヴィットが元CIA職員エドワード・スノーデンを演じる『スノーデン(原題)』、婚約が報じられたショーン・ペン監督とシャーリーズ・セロンのタッグ作『ザ・ラスト・フェイス(原題)』など人気俳優の出演作もそろっている。

 また、ギャガでは洋画をメインにしながらも、邦画についても海外展開を見通した作品や新たな才能による作品など年に数本ラインナップしていくとのこと。今後は『海街diary』と『映画 みんな!エスパーだよ!』の2本の公開が決定している。(編集部・市川遥)


【関連情報】
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 2月
  4. 17日
  5. ギャガ2015-16年のラインナップ発表!『ミスター・ホームズ』『プライドと偏見とゾンビ』『セルマ』など