シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ももクロ、アカデミー賞受賞に意欲! 先輩・黒木華に続け!

ももクロ、アカデミー賞受賞に意欲! 先輩・黒木華に続け!
映画『幕が上がる』初日舞台あいさつに出席した(下段左より)有安杏果、佐々木彩夏、百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、(上段左より)本広克行監督、平田オリザ氏、黒木華、志賀廣太郎

 アイドルグループ「ももいろクローバーZ」メンバーの百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、有安杏果、佐々木彩夏が28日、新宿バルト9で行われた、映画『幕が上がる』初日舞台あいさつに出席。ももクロメンバーは、前日行われた、第38回日本アカデミー賞で、最優秀助演女優賞を受賞した共演の黒木華に「おめでとうございます」と声をかけると、高城は「本物を前に言うのもなんですが、わたしたちもアカデミー賞で新人俳優賞をとりたいです」と高らかに宣言した。本舞台あいさつには、俳優の志賀廣太郎、本広克行監督、そして原作者の平田オリザ氏も登壇した。

 映画『小さいおうち』で最優秀助演女優賞を受賞した黒木は、ももクロの熱狂的ファンで埋め尽くされた客席に「こういう場所は初めてで緊張しています」と語ると「ももクロのメンバーは、劇中みんなキラキラしています。(共演の)ムロツヨシさんとも話していたのですが、どんどん成長していく姿がスクリーンに出ていていいねって話していたんです。わたしもご一緒できて、いろいろと学ぶことができました」と笑顔を見せた。

 そんな黒木の言葉に恐縮するももクロメンバー。百田は「もう満足」とため息をつくと、高城は「最近賞がほしいんです。この映画で日本アカデミー賞の新人俳優賞をとるのが夢。5人で受賞して、レッドカーペットを5色に変えて歩きたいんです」と恐るべき野望を披露。玉井が黒木に「そんなことできますかね?」と質問すると、黒木は「わたしはできないな。あの場所はむちゃくちゃ緊張するよ」と発言し、場内を盛り上げていた。

ももクロ
ファンに向けて映画挿入歌「走れ!ーZver.ー」をアカペラで熱唱した「ももいろクローバーZ」

 また、本作の舞台裏に密着したドキュメンタリー映画『幕が上がる、その前に。彼女たちのひと夏の挑戦』が3月11日に劇場公開されることが発表されると、会場では30秒の予告編が上映された。感情いっぱいの素顔が映し出されている映像に「ここ使わないっていってだじゃん!」(玉井)、「本音が出ちゃってる!」(佐々木)とメンバーそれぞれが敏感に反応し客席から笑い声が。最後に、ファンに向けて映画挿入歌「走れ!-Zver.-」をアカペラで熱唱し、客席のボルテージは最高潮に達した。

 本広監督は「アイドル映画は本当にヒットしないので、この作品最後の砦。モノノフにこの輪を広げていってほしい」と熱い思いを語ると、百田も「最高の原作、監督、脚本、俳優、スタッフ……そして最高のアイドル(笑)で作った最高の映画です」と力強く作品をアピールした。(磯部正和)

映画『幕が上がる』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 3月
  4. 1日
  5. ももクロ、アカデミー賞受賞に意欲! 先輩・黒木華に続け!