シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ドラえもん』が春休み効果で上昇!1位に返り咲き!【映画週末興行成績】

『ドラえもん』が春休み効果で上昇!1位に返り咲き!
『映画ドラえもん』が再び1位! 『暗殺教室』も好調! - (C) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2015

 興行通信社が30日に発表した土日2日間(3月28日~29日)の全国映画動員ランキングでは、公開4週目に入った『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)』が、先週トップの『映画 暗殺教室』を抜いて1位に返り咲いた。

 若い観客層が増える春休み時期に入ったこともあり、先週末だけで前週比90.4%となる26万7,559人を動員した『映画ドラえもん』。興行収入も3億958万6,900円を記録する好推移で、累計成績は動員225万人、興収25億円を突破した。一方、『映画 暗殺教室』は先週の首位から2位にランクダウンしてしまったが、公開2週目にして、累計動員107万4,596人、累計興収12億2,768万6,800円と早くも興収10億円を突破している。

 『マトリックス』シリーズのラナ&アンディ・ウォシャウスキー姉弟がメガホンを取ったSFアクション『ジュピター』は6位に初登場。チャニング・テイタムとミラ・クニス主演で、知能の高い異星人に統制された宇宙を舞台に、特別な遺伝子を持つ地球人の女性と、彼女を守る使命を負った兵士の戦いを活写。全国469スクリーン公開で、動員8万8,739人、興収1億2,700万9,900円を記録した。

 福士蒼汰と有村架純の共演が話題の『ストロボ・エッジ』は先週の5位から4位にワンランクアップ。累計動員126万3,509人、累計興収14億7,582万5,500円となった。また、10位のクリント・イーストウッド監督作『アメリカン・スナイパー』は公開6週目を迎え累計動員は162万7,761人、累計興収は20億9,880万3,900円と、興収20億円を突破している。

 今週末は『エイプリルフールズ』『ジヌよさらば ~かむろば村へ~』『PERSONA3 THE MOVIE -#3 Falling Down-』などが公開予定。(ランキング・数字は興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)

【2015年3月28日~29日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位
1(2)『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)』:4週目
2(1)『映画 暗殺教室』:2週目
3(3)『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』:2週目
4(5)『ストロボ・エッジ』:3週目
5(4)『イントゥ・ザ・ウッズ』:3週目
6(初)『ジュピター』:1週目
7(6)『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』:2週目
8(7)『風に立つライオン』:3週目
9(8)『映画 プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪』:3週目
10(9)『アメリカン・スナイパー』:6週目


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 3月
  4. 31日
  5. 『ドラえもん』が春休み効果で上昇!1位に返り咲き!