シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

内村光良、13年ぶり連ドラ主演に手応え!「やっと役者の仲間入り」

内村光良、13年ぶり連ドラ主演に手応え!「やっと役者の仲間入り」
笑顔を見せた内村光良

 お笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの内村光良が30日、NHK放送センターで行われたプレミアムドラマ「ボクの妻と結婚してください。」の試写会に、女優の木村多江、脚本の岡田恵和と共に出席した。木村が「素晴らしい役者」と話すように、これまでもテレビや映画などで味のある演技を披露してきた内村だが、本人は役者としての自身に納得ができていなかったよう。約13年ぶりに連続ドラマの主演を務めた本作を通して「やっと役者という世界の仲間入りができたかなと思えた」と胸の内を明かした。

 同ドラマは、切ない人間模様と幸せな笑いに満ちたヒューマンドラマ。突然の余命宣告により、残された時間が半年だと悟った男・三村修治(内村)が、愛する家族の幸せを願い、妻・彩子(木村)の結婚相手を探すための“婚活”を始める姿が描かれる。

 内村にとって正月明けの一発目の仕事だったそうで、「3月31日のクランクアップまで、わたしは本当に働きました。自分を褒めてあげたい」とアピール。ドラマの出来には手応えを感じているようで、「深川栄洋監督はのせるのがうまい」と前置きしつつ、「やっと役者という世界の仲間入りができたかなと思えた」と本音もポロリ。

 さらに内村は、自身の役者としての変化にも言及。根っからの芸人気質のせいか、以前はコントメイクなしのシリアスな演技は恥ずかしくて苦手だったが、ようやく払拭(ふっしょく)できたという。「年取ったんでしょうね」とおどけつつも、「いろんな経験をしたことによって50歳で(恥が)なくなった」と爽やかな笑顔を見せた。

 この日は、二人の息子・陽一郎役を務めた伊澤柾樹がサプライズで登場し、内村たちを驚かせる場面も。伊澤が小さいハートがたくさん詰まったかわいいバルーンのプレゼントを持って現れると、木村は久々の再会に大喜び。伊澤を抱きしめて歓迎していた。(取材・文:鶴見菜美子)

テレビドラマ「ボクの妻と結婚してください。」は5月10日夜10時よりNHK BSプレミアムでスタート(連続6話)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 4月
  4. 30日
  5. 内村光良、13年ぶり連ドラ主演に手応え!「やっと役者の仲間入り」