シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『007』ミュージカル化が浮上

『007』ミュージカル化が浮上
実現には舞台化権の獲得が必要 - 画像は『007/カジノ・ロワイヤル』 - Greg Williams / Eon Productions via Getty Images

 映画『007』シリーズのミュージカル化が本格的に進められているとPlaybillや複数のメディアが報じたものの、ジェームズ・ボンドの著作権を持つダンジャックとMGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)がその企画に待ったをかけた。

 同企画は、『007 ロシアより愛をこめて』『007/ゴールドフィンガー』などを手掛けたプロデューサー、ハリー・サルツマンの娘メリー・サルツマンが舞台化権を獲得したとPlaybillにコメントし明らかになった。タイトルは「ジェームズ・ボンド:ザ・ミュージカル(原題) / James bond : The Musical」で、ストーリーは原作小説に登場した悪役と新たな悪役が登場するオリジナル設定。脚本はデイヴ・クラークが、音楽はジェイ・ヘンリー・ワイズが担当するとされていた。

 ところが、『007』の公式サイトでは「ダンジャックやMGMは、メリー・サルツマンや彼女のプロダクションに、ジェームズ・ボンドのミュージカル化の版権を許可していないことを確認した」と声明を出した。

 今のところ、2017年後半から2018年前半にブロードウェイかラスベガスでの上演をメリーは検討しているようだが、まずはその権利をダンジャックやMGMから獲得しなければならない。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 7月
  4. 11日
  5. 『007』ミュージカル化が浮上