シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
名画プレイバック

第22回:『いとこ同志』(1959年)監督:クロード・シャブロル 主演:ジェラール・ブラン【名画プレイバック】(1/2)

第22回:『いとこ同志』(1959年)監督:クロード・シャブロル 主演:ジェラール・ブラン
いとこ同士の青年を演じるジャン=クロード・ブリアリ(左)とジェラール・ブラン(右) - Interama Video / Photofest / ゲッティイメージズ

 田舎からパリに上京した真面目な青年と、自宅アパートに彼を迎え入れる遊び人のいとこ。そこに1人の女性が絡み、恋愛と挫折を描く青春映画『いとこ同志』(1959)。名匠クロード・シャブロル監督が第2作にして第9回ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞し、同年の『大人は判ってくれない』とともにフランス・ヌーヴェルヴァーグの大躍進を遂げた作品だ。(冨永由紀)

 物語は主人公シャルルがパリに到着したところから始まる。駅でタクシー運転手にさえオドオドしっぱなしで、純朴なもの馴れない性格が瞬時にわかる。シャブロルの監督第1作『美しきセルジュ』でも主演を務めたジェラール・ブランが演じている。同い年のいとこポールのアパートに着いた彼を迎え入れるのはポールの悪友クロヴィスだ。だいぶ年上のようだが、全身から嗜虐性を漂わせた男で、小馬鹿にしたような笑顔で嫌みを言いながら、突然大きな声や物音を立てる。ポールは、この男に金を渡していろいろな厄介事を片づけてもらっているらしい。ひげをたくわえ、お洒落な部屋着姿で気取った物言いのポールを演じるのは、やはり『美しきセルジュ』にも出演しているジャン=クロード・ブリアリ。ポールは、ブリアリが最も得意とした洒脱な男性像の原型だ。

 ポールの住まいは学生2人で暮らすにも広すぎる造りで、メザニン(中二階)があり、インテリアや調度品も凝っている。そこかしこに、ストーリーの伏線がしのばせてあることが次第にわかってくる。印象深いのは、シャルルがこの豪勢なアパートにも、ポールとクロヴィスの2人がかりのこけおどしにも、さほど気後れしないことだ。彼は常に状況を受け入れるが、流されずに自己を守り続ける。折りにふれて立ち寄る書店の年配の店主との交流や母への手紙を欠かさない律儀さ、勤勉さに、「アリとキリギリス」の寓話を思い出す。もちろん、本作は違う方向へと進むが、製作当時の“今”を切り取った一種の訓話とも取れる。

 うぶな若者が周囲に影響されて堕落……とはならず、「僕はガリ勉タイプだから」と壁を隔てた向こう側で乱痴気騒ぎが繰り広げられようと、シャルルは勉強を続ける。だが、恋愛は別だ。彼は上京してすぐ、ポールの車でパリ案内をしてもらった際、クラブに現れたフロランスにひと目惚れした。いとこがフロランスを気に入っていると知って、歓迎パーティーに呼んだポールだが、2人が意気投合しているのを見るや、ちょっかいを出す。いとこ2人の性格や恋愛模様、スノッブで享楽的な若者像など、1950年代の日活映画みたいな雰囲気だが、実はシャブロルは中平康監督の『狂った果実』(1956)を見ていて、影響を受けたという説もある。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 9月
  4. 4日
  5. 第22回:『いとこ同志』(1959年)監督:クロード・シャブロル 主演:ジェラール・ブラン