シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

城田優、ドラマ監督初挑戦で女優・黒川智花を「ぶっ壊そうと思った」

城田優、ドラマ監督初挑戦で女優・黒川智花を「ぶっ壊そうと思った」
初監督ドラマに“城田優エッセンス”をちりばめたと語った城田優 - 写真:タナカトシノリ

 俳優の城田優が29日、都内で行われたドラマ「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな SEASON 2」(CS放送、LaLa TV)の監督デビュー記念試写会“城田&YOUナイト”に登壇し、「これが自分の限界点ではない。もっともっとできると思う」と今後の監督業に意欲を見せた。また、城田監督作でヒロインを務めた黒川智花も参加し、城田は「おしとやかで上品な黒川さんの印象をぶっ壊そうと思った」と演出イメージも明かした。

 “未婚のプロ”ジェーン・スーのエッセイをドラマ化した「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」のシーズン2となる本作。なかなか結婚できない、プロポーズされない女を豪華女優陣が演じた101本のエピソードが完結する。

 集まったファンが歓喜し、会場の温度が急上昇する中で濃い茶色のスーツに身を包んで登場した城田は、過去にショートフィルムの監督経験はあるものの、ドラマを監督したのは今回が初めて。「昔から作ることにはとても興味があったので、監督のオファーが来たときはとてもうれしかった。見えない物を形にする仕事なので不安はもちろんあったが、いい物を作りたいという気持ちは強い。これからに向けて、良い糧となった。これが自分の限界点ではない。もっともっとできると思う」と初挑戦を振り返った。

 また城田は、「にぎやかな主人公・桜のキャラクターを演じてもらうことで、おしとやかで上品な黒川さんの印象をぶっ壊そうと思った」と演出にもこだわりを見せる。そんな城田の監督ぶりを黒川は、「格好良くて、優しくて、すごく丁寧で、本当に完璧」と絶賛。撮影中は城田自身が見本の演技を行い、細かく演出したという。イベント中にその様子を再現する一幕もあり、客席は大いに盛り上がった。

 原案から携わり、「“城田優エッセンス”をちりばめた」と仕上がりに自信を見せた城田は「今の技量では、主演をやりながら監督するのは無理」とも語っていたが、やがて本人が監督・主演を務める作品を観られる日が来るかもしれない。(取材・文:百佐保里)

ドラマ「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな SEASON 2」はCS放送・女性チャンネル♪ LaLa TV にて毎週水曜23時~ほか放送中、城田優監督回は、10月21日放送予定


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 9月
  4. 30日
  5. 城田優、ドラマ監督初挑戦で女優・黒川智花を「ぶっ壊そうと思った」