シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

千葉雄大&山本美月「美しい」「カッコイイ」とお互いをほめ合い

千葉雄大&山本美月「美しい」「カッコイイ」とお互いをほめ合い
映画『Mr.マックスマン』初日舞台あいさつに登壇した(右)千葉雄大、山本美月

 俳優の千葉雄大と山本美月が17日、イオンシネマ板橋で行われた映画『Mr.マックスマン』初日舞台あいさつに、久保田悠来、青木玄徳、なだぎ武、メガホンをとった増田哲英監督と共に登壇した。フジテレビ系月9ドラマ「SUMMER NUDE」以来、2度目の共演となる2人だが、千葉が「前回に増して美しくなった」と賛辞を送ると、山本も「2回目ですが、さらに格好よくなっていますね」と負けずに返答し、場内を盛り上げていた。

 本作は、ドジばかりのダメアナウンサーが、取材先で偶然拾ったガラスを加工して作られたメガネによって驚異的なパワーを得て、正義のヒーローとして活躍していく姿を描いた物語。千葉は「ドジ感が愛されるようになったらいいなと思って演じました」と役づくりへのアプローチ方法を語ると、「愛しているよ」と掛け声。その後も「千葉さまー」という声があちこちからあがると「すごい気持ちいい!」と笑顔をみせた。

 また千葉演じる崖っぷちアナウンサー・谷口が力を得るためにかけるメガネの特殊効果に「透視能力」があることにちなみ、登壇者が「透視できるなら何を見たい?」というお題があがると、千葉は「すごくいい人って言われている人って信用できないので、そういう人の心を見たい。そしてドロドロであって欲しい」と爽やかなキャラクターとは正反対の回答で会場を沸かせる。

 マスター役で登場したなだきは「(先日電撃結婚した千原)ジュニアの嫁さんの顔を見たことないので、透視してみたい。同期なのですが、急に結婚したからビックリした。あいつだけは結婚せんと思っていたのに……」と独身のなだぎは、千原ジュニアの結婚にショックを受けているという胸の内を明かしていた。

 増田監督は「現場で演技指導をするつもりで臨んだのですが、みなさんが素晴らしい演技をするので、何もすることがなくて孤独でした」と独特の表現で俳優陣を絶賛すると「サクっと楽しめる映画なので、いろいろな方に広めてください」と客席に向かって作品をアピールしていた。(磯部正和)

映画『Mr.マックスマン』は全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 10月
  4. 18日
  5. 千葉雄大&山本美月「美しい」「カッコイイ」とお互いをほめ合い