シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

竹内結子、初の時代劇映画!阿部サダヲ、瑛太らのちょんまげ姿も公開

竹内結子、初の時代劇映画!阿部サダヲ、瑛太らのちょんまげ姿も公開
豪華キャストが揃った! - (C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会

 来年公開の映画『殿、利息でござる!』に自身初の本格時代劇映画となる竹内結子の出演が発表され、あわせて公開されたビジュアルでは阿部サダヲ、瑛太、妻夫木聡ら豪華キャストがちょんまげ姿を披露している。

 同作は映画『武士の家計簿』の原作者である磯田道史の「無私の日本人」の一編「穀田屋十三郎」を、『白ゆき姫殺人事件』等の中村義洋監督が映画化。仙台藩の年貢の取り立てや労役で困窮する宿場町(吉岡宿)を守るため、庶民が藩に大金を貸し付け、利息を巻き上げるという嘘のような実話が描かれている。殿を相手に一世一代のマネーゲームに挑む穀田屋十三郎を阿部、十三郎に秘策を持ちかける知恵者の篤平治を瑛太、十三郎の弟の甚内を妻夫木が演じる。

 今回、新たにキャストとして発表された竹内にとって、本格時代劇映画への出演は本作が初めてとなる。竹内ふんする吉岡宿の住人が集う飯屋の女将で未亡人の“とき”は、十三郎に思いを寄せられる役どころだ。出演にあたっての竹内のコメントは以下の通り。

 「時代劇映画初ということでメイク、衣装、美術、セットなど全てが新鮮で和やかさと良い緊張感をもって撮影に臨むことが出来たと感じています。この作品は、町を救いたい一心で、人のために尽くす庶民たちのお話なのですが、何でも誰かに言いたがり拡めたがりの時代に、報われたい欲を捨て敢えて『つつしむ』ことを選んだ人々の、その心の在り方がとても美しいと私は思います。そんな人たちを近くで見ていた“とき”としては、慎み深い皆さんに代わり、是非、多くの方にこのことを知ってもらいたいと願っております」

 そして竹内とともに出演が発表された松田龍平は、「殿に金をお貸ししよう」とする庶民たちの前に立ちふさがる、冷酷無比で切れ者の藩の役人を演じている。松田は今作が『長州ファイブ』以来、10年ぶりの時代劇映画出演となる。

 中村監督が今回ほどキャスティングに時間を使った映画はないとコメントしている同作には、竹内と松田の他にも寺脇康文、西村雅彦、千葉雄大、山崎努らが名を連ね、ビジュアルではちょんまげ姿を披露している。実在した人々の歴史秘話が豪華キャストでユーモアたっぷりに映画化される。(編集部・海江田宗)

映画『殿、利息でござる!』は2016年5月14日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 11月
  4. 10日
  5. 竹内結子、初の時代劇映画!阿部サダヲ、瑛太らのちょんまげ姿も公開