シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
名画プレイバック

『四十二番街』(1933年)監督:ロイド・ベーコン 出演:ビービー・ダニエルズ:第30回【名画プレイバック】(1/3)

『四十二番街』(1933年)監督:ロイド・ベーコン 出演:ビービー・ダニエルズ:第30回
圧巻のダンスシーンが満載!ミュージカル映画の金字塔『四十二番街』 - (C)Warner Bros. / Photofest / ゲッティイメージズ

 1929年からの世界大恐慌によって、どん底に突き落とされた米国経済。活況を呈していたブロードウェイのダメージも甚大で、大勢のミュージカル関係の人材が新たな仕事を求めてハリウッドに流れた。折しも、1929年には世界初の全編トーキーによるミュージカル映画『ブロードウェイ・メロディー』が誕生していた。ハリウッドの技術の進化にブロードウェイの人材が加わり花開いたのが、エポックメイキング的なミュージカル映画とされる『四十二番街』(1933年)だ。(今祥枝)

 原題は「42nd Street」。従って『四十二番街』という邦訳については故・淀川長治氏をはじめ多くの指摘があるのだが、語感を優先したのだろうか? 真相はさておき、『四十二番街』はマンハッタンにあるブロードウェイの象徴、タイムズスクエアのすぐ近くにあり劇場が軒を並べる42丁目をタイトルに冠するバックステージものの傑作だ(作詞アル・デューン、作曲ハリー・ウォーレン)。当時量産されていた人気の題材だが、本作ではブロードウェイの舞台がどのようにして初日を迎えるかが、コンパクトにわかりやすく描かれている。

 株の大暴落で心身ともに疲弊した名演出家ジュリアン(ワーナー・バクスター)が、新作ミュージカル「プリティ・レディ」を上演するというニュースが駆け巡る。オーディションを経て、ジュリアンの厳しい指導の中、出演者たちが5週間後のフィラデルフィアでのプレミアに向けて猛練習する様子が映し出される。だが、翌日に公演を控えて人間関係のもつれから、主演女優ドロシー(ビービー・ダニエルズ)が怪我をし、コーラスガールの新人ペギー(ルビー・キーラー)が急遽主役に抜擢される。これぞまさしくショウ・マスト・ゴー・オン。何があろうとも、舞台の幕は開くのだった。

 冒頭から、とにかくタップ、タップ、タップ! 軽快なリズムを刻むタップダンスは、本作の最大の魅力であり全編を通しての見せ場である。後年、1980年にブロードウェイで舞台版が初演されてロングランを記録し、日本でも「フォーティーセカンド・ストリート」のタイトルで上演され、また来日公演もあったので、映画ではなく舞台で知る人も多いのでは。映画版とは物語など異なる部分もあるが大筋は同じである。私は2001年のリバイバル版をブロードウェイで観たが、とにかく物量作戦といった感じの50人ものダンサーによるレビュー=タップダンスには、ただただ圧倒され、圧巻だった。後にも先にも、あれほどのタップの群舞を堪能できた作品もないというほどで、その見どころは映画版とも共通している。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 11月
  4. 20日
  5. 『四十二番街』(1933年)監督:ロイド・ベーコン 出演:ビービー・ダニエルズ:第30回