映画史に残るアイコニックなウェディングドレス

映画に見る憧れのブランド

 6月に結婚式を挙げると幸せになれると言われていることから、ジューンブライドに憧れる女性は多いです。今月は映画史に残る憧れのブランドによるアイコニックなウェディングドレスを紹介します。

ピエール・バルマン『素直な悪女』(1956)

ウェディングドレス
『素直な悪女』撮影中のオフショット。これはペチコート姿。John Chillingworth / Picture Post / Hulton Archive / Getty Images

 ブリジット・バルドーを世界のセックスシンボル「BB」にした『素直な悪女』は、孤児でヒロインのジュリエットが3人の男性を通して本物の愛を見つける物語。愛するアントワーヌの弟ミシェル(ジャン=ルイ・トランティニャン)と結婚することになるジュリエットが、結婚式で着るのがピエール・バルマンのレースのワンピース。ウエストを太いベルトでキュッと締めて、スカートをペチコートで広がらせたロマンチックなワンピースは50年代にクリスチャン・ディオールが大流行させたニュールックの影響が見られ、BBの美しさを引き立てています。

ブランドについて

[PR]

ウェディングドレス
2000年の春夏コレクションにて。Daniel SIMON / Gamma-Rapho via Getty Images

 フランス人のピエール・バルマンは1939年にディオールとともに有名クチュリエのもとで働いた後、1945年に「ピエール・バルマン」を設立し、1950年代はバレンシアガ、ディオールと並んで3大デザイナーとして有名に。エレガントなドレスにカジュアルなテイストを効かせるのが特徴で、1940年代から1970年代にかけて多くの映画の衣裳を手掛け、BB、マレーネ・ディートリッヒヴィヴィアン・リーなどを顧客に抱えていました。現在では「バルマン」というブランド名に。

ジバンシィ『パリの恋人』(1957)

ウェディングドレス
新しいウェディングドレスの提案。Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 ファッション誌の写真家を演じるフレッド・アステアが、ファッションに興味のない本屋のインテリ女性を演じるオードリー・ヘプバーンをモデルにスカウトし、モデルデビューのためにパリへ連れて行くミュージカル・ラブコメディー。2人の華麗なダンスとパリの名所巡りが見どころです。

 バレエ「白鳥の湖」を思わせる2人のロマンチックなダンスシーンでオードリーが着るウェディングドレスがジバンシィのもの。ボートネックラインとぴったりとしたボディスがオードリーの華奢で儚げな美しさを際立たせます。当時、ミディ丈のウェディングドレスは衝撃的でした。

ブランドについて

ウェディングドレス
Peter Macdiarmid / Getty Images

 オードリーを永遠のファッションアイコンにしたジバンシィ。彼らの絆はプラトニックな結婚と称され、『麗しのサブリナ』(1954)、『パリの恋人』、『ティファニーで朝食を』(1961)、『シャレード』(1963)、『パリで一緒に』(1963)、『おしゃれ泥棒』(1966)など、映画史とファッション史に伝説を遺しました。ちなみに、イギリスのメーガン妃がロイヤル・ウェディングで来たドレスはジバンシィのもの。

ウェディングドレス
リアルなプリンセス!Andrew Matthews - WPA Pool / Getty Images
[PR]

アムサーラ『プリティ・ブライド』(1999)

 『プリティ・ウーマン』から9年後、ジュリア・ロバーツリチャード・ギアゲイリー・マーシャル監督が再びタッグを組んだラブコメディー。現題が『Runaway Bride』というように、ジュリアが結婚式から3回も逃げ出した花嫁を演じ、リチャードが彼女をネタにするジャーナリストを演じています。

ウェディングドレス
ジュリア・ロバーツ、ゲイリー・マーシャル監督、リチャード・ギア。Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 最後にジュリアが着用する、刺繍とレースに覆われたドレスは裾が非常に長く、ジュリアが裸足で歩くのが印象的。このドレスの長さと裸足は、彼女が結婚式と自分自身からもう逃げ出さないという決意の象徴とも言われています。

ブランドについて

 このドレスは衣装デザイナーがNYの高級百貨店で見つけた、アムサーラによるドレス。エチオピア出身のアムサーラはNYでファッションを学んだ後、1986年に自身の名前を付けたブランドを興し、現在では大人気のウェディングブランドに。フォーエバーモダンをモットーとしたシンプルで現代的なシルエットに手縫いの刺繍やビーズがふんだんにあしらうのが特徴です。

[PR]

ソンドラ・セリ『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング』(2002)

ウェディングドレス
『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング』より。IFC Films / Photofest / ゲッティ イメージズ

 ギリシャ系アメリカ人の女性トゥーラ(ニア・ヴァルダロス)はギリシャ系の子どもを生むことだけを女性に望む封建的な父親に反抗し、自立していくなかで、ギリシャ系ではなくアングロサクソン系のイアン(ジョン・コーベット)と結婚することに。ところが、ギリシャ系の家族や結婚式のすべては、大きく大げさ(ビッグ・ファット)すぎて……というラブコメディー。

ウェディングドレス
ふわふわモコモコ!IFC Films / Photofest / ゲッティ イメージズ

 トゥーラの着るウェディングドレスも、とにかく大きくて大げさ! でも、彼女がコサージュやリボンを取り払うと、エレガントでシックなドレスに大変身。このシーンは、トゥーリーがギリシャの伝統を受け継ぎつつ、自分なりに生きていく決意を表しているよう。

ブランドについて

 ボストンの郊外を拠点とするソンドラ・セリのデザイン。生地を贅沢に使い、たくさんのスワロフスキーをあしらったスタイルが持ち味で、主にブライダル、パーティードレス、アイススケーターやダンサーのコスチュームを作る有名デザイナーです。

[PR]

キャロライナ・ボルトン『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』(2008)

ウェディングドレス
お手頃価格なところがいい。Bobby Bank / WireImage / Getty Images

 犬のマーリーを通して夫婦が辿る普遍的な悩みや喜びを描いた感動作。ジェニファー・アニストンがキャリアをあきらめて育児を選びながらも産後鬱にかかってしまう妻、オーウェン・ウィルソンが思い描いたキャリアとは違う道を選ぶ夫をコミカルかつリアルに演じます。

 ジェニファーとオーウェンが雪の中をウェディングドレスとタキシードで走ってくる印象的なシーンから2人の物語は始まります。サテンのシンプルなドレスですが、肩からバストにV字につけられたフリルがとても可憐。フリンジのついたショールと絶妙にマッチしてジェニファーの花嫁姿をよりロマンチックに個性的に映し出しています。

ブランドについて

 このドレスはフロリダにショップのあったブライダル・デザイナーのキャロライナ・ボルトンによるものですが、現在では廃業してしまったのか情報が見当たりません。しかし、eBayなどで古着のドレスが35,000円ほどで買えるよう。

ヴィヴィアン・ウエストウッド 『セックス・アンド・ザ・シティ』(2008)

ウェディングドレス
シュークリームみたい!Marcel Thomas / FilmMagic / Getty Images

 シリーズ最終話から4年後に設定された映画第1作目では、ついにキャリーとビッグが結婚! 最初は古着屋さんで買ったシンプルな白のスーツを着て結婚しようと思っていましたが、ヴィヴィアン・ウエストウッドにウェディングドレスをプレゼントされて、大きな結婚式を催すことに。ところがビッグは結婚式に表れず……。

ウェディングドレス
映画の来日イベント時にキャリーと同じドレスを着用した伊東美咲。Junko Kimura / Getty Images

 シルクとタフタがレイヤードされた大きく広がるドレスは18世紀の貴族の女性が身につけるような優雅なシルエット。そこに象牙のようにツンとした形のストラップレスのボディスが、パンクなテイストを加えます。

ブランドについて

 ヴィヴィアン・ウエストウッドはパンクの女王と呼ばれる英国モードを牽引するデザイナー。60年代にマルコム・マクラーレンと出会い、彼がプロデュースするセックス・ピストルズのファッションを手掛け、パンクファッションを生み出しました。パンクムーブメント終焉後もハリスツイードやタータンチェックなどの歴史的衣装にパンクな現代性を添えて独自の世界観を作り出しました。

[PR]

ヴェラ・ウォン『ブライダル・ウォーズ』(2009)

ウェディングドレス
ヴェラ・ウォンの代名詞的デザイン!20th Century Fox / Photofest / ゲッティ イメージズ

 親友の女性2人がそれぞれ憧れのプラザホテルで結婚式をあげようとしたところ、ウェディングプランナーの間違いで同じ日に結婚式をするはめになり、お互いの結婚式をぶち壊そうとするラブコメディー。

ウェディングドレス
どちらがお好み?20th Century Fox / Photofest / ゲッティ イメージズ

 劇中では、ケイト・ハドソンはヴェラ・ウォンのドレス、アン・ハサウェイは母親が着たドレスを着用することになっていますが、実は両方ともヴェラ・ウォンのドレス。ケイトのウエストがキュッと締りスカートが広がるチュールドレスは、モダンなプリンセス・スタイル。一方、アンの非対称のショルダーラインとマーメードラインが美しいタフタドレスはクラシック・スタイル。ケイトが演じる自己中なお姫様のリヴと、アンが演じるリヴにいつも折れてしまうエマ、2人の正反対の性格がドレスにも表れています。

ブランドについて

ウェディングドレス
ヴェラ・ウォンと美しきドレスたち。Deborah Feingold / Corbis via Getty Images

 ヴェラ・ウォンは米ヴォーグ誌のエディター兼スタイリストやラルフ・ローレンのデザイン・ディレクターとしを経て、1990年にNYのカーライルホテルでショップを立ち上げました。ディテールに凝った贅沢なドレスはブライダルやレッドカーペットドレスとして大人気で、マライア・キャリーヴィクトリア・ベッカムなど名だたるセレブが結婚式で彼女のウェディングドレスを着用しています。

[PR]

キャロライナ・ヘレラ『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1』(2011)

 人間の女の子ベラとヴァンパイアのエドワードの禁断の恋を描き、世界中のティーンの心を掴んだシリーズ全5作品のうちの4本目。しかも主役の2人、クリステン・スチュワートロバート・パティンソンは私生活でも当時恋人同士でした。本作でとうとう結ばれるベラとエドワードですが、ヴァンパイアになる前にベラが妊娠してしまい……というシリーズ完結に向かう物語。

ウェディングドレス
純白のドレスは純潔の象徴!Summit Entertainment / Photofest / ゲッティ イメージズ

 ベラが身につけるのはキャロライナ・ヘレラのウェディングドレス。フランス製のアンティークレースで飾られたオープンバックのドレスは、白い藤の花の下、ヴァージンロードを歩く彼女のピュアな美しさを映えさせます。

ブランドについて

 ジャクリーン・ケネディ・オナシスミシェル・オバマ、メーガン妃など多くのセレブに愛されてきたキャロライナ・ヘレラはNYを拠点にするデザイナー。1960年代に故郷ヴェネズエラでエミリオ・プッチのPRとして働いた後、1980年にNYへ渡った彼女は社交界でひっぱりだこのデザイナーへと成長し、様々なファッション賞に輝きました。自身も上流階級出身である彼女だからこそ生み出せる、洗練された品格あるデザインはトゥルースタイルと呼ばれ、ハイソサエティな女性の憧れの的。

[PR]

アンジェリーク『ジャンピング・ザ・ブルーム ~恋と嵐と結婚式~』(2011)

ウェディングドレス
憧れのリゾートウェディング~!FOX Image Collection via Getty Images

 結婚を決めた弁護士のサブリナ(ポーラ・パットン)と証券マンのジェイソン(ラズ・アロンソ)。しかし、結婚式で顔を合わせた両家の家族を隔てる大きな社会的・経済的格差は、やがて2人の絆まで危ういものに……というコミカルなファミリードラマ。

 2人の結婚式は海辺の理想的なリゾートウェディング。白いバラで飾られ、クラシックとカジュアルのさじ加減が素晴らしい、この結婚式にぴったりなサブリナのドレスは、人工シルクとは思えぬ高級感があり、非対称のウエストラインから流れるように垂れ落ちるスカートのラインがインパクト大。ボディスに縫い込まれたクリスタルビーズも上品です。

ブランドについて

 このドレスメーカーであるアンジェリークは、ノース・カロライナに本店を置く世界的なブライダル・ブランドで、複数のウェディング・デザイナーによるあらゆるスタイルのドレスを提供しています。価格やサイズも豊富で、格安の5万円ほどからカスタムメイドまで予算に合わせてドレスを選べるのが魅力的。

[PR]

ベッツィ・ジョンソン『君への誓い』(2012)

 車の追突事故で記憶喪失に陥ったレイチェル・マクアダムス演じる妻がチャニング・テイタム演じる夫のことを忘れてしまい、2人がもう一度愛を見つける物語。

ウェディングドレス
カラードレスも素敵!Screen Gems / Photofest / ゲッティ イメージズ

 レイチェルが纏うのはベッツィ・ジョンソンのピーチカラーのドレス。チュールで覆われたキュートなドレスに、オフショルダーとミニスカートがロックなテイストを効かせています。ドレスと同じ色の短いベール、ラインストーンのイヤリングも絶妙なバランス。

ブランドについて

 1964年にマドモアゼル誌のゲスト・エディター・コンテストに入賞したベッツィは翌年にはNYの人気セレクトショップ・ブランドのトップデザイナーに就任。1978年に自身の名を冠したブランドを設立して以来、セクシーなシルエットとガーリーなディテールでNYのファッションシーンの中心的存在になりました。

此花わかプロフィール

此花わか

映画ライター。NYのファッション工科大学(FIT)を卒業後、シャネルや資生堂アメリカのマーケティング部勤務を経てライターに。ジェンダーやファッションから映画を読み解くのが好き。手がけた取材にジャスティン・ビーバーライアン・ゴズリングヒュー・ジャックマンデイミアン・チャゼル監督、ギレルモ・デル・トロ監督、ガス・ヴァン・サント監督など。(此花さくや から改名しました)

Twitter:@sakuya_kono Instagram:@wakakonohana

これまでの記事一覧はこちら>>>

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]