映画の“音”がわかるドキュメンタリー『ようこそ映画音響の世界へ』公開決定

『ようこそ映画音響の世界へ』ポスタービジュアル
『ようこそ映画音響の世界へ』ポスタービジュアル - (C) 2019 Ain't Heard Nothin' Yet Corp.All Rights Reserved.

 ハリウッドにおける映画音響の歴史を追いながら、音が映画にもたらす効果に迫ったドキュメンタリー映画『ようこそ映画音響の世界へ』が、8月28日より日本公開されることが決定した。

 本作は、登場人物のセリフをはじめ、環境音、効果音、美しいスコアなど、一般にはなかなか知られていない、映画における音響の効果と重要性に迫るドキュメンタリー。『アルマゲドン』『クリムゾン・タイド』『ホーカス ポーカス』など、数多くの映画に携わったベテラン音響技師、ミッジ・コスティンが監督を務め、著名クリエイターのインタビューや貴重な映像と共に、音響の歴史を紐解く。

 登場する映画監督は、ジョージ・ルーカススティーヴン・スピルバーグソフィア・コッポラデヴィッド・リンチライアン・クーグラーアン・リークリストファー・ノーランなど偉大な作家ばかり。さらに『スター・ウォーズ/新たなる希望』(1977)などを手掛けたベン・バート、『地獄の黙示録』(1979)などのウォルター・マーチ、『ジュラシック・パーク』(1993)などに携わったゲイリー・ライドストロームといった、音響界のレジェンドもスクリーンに勢ぞろいする。

[PR]

 初のトーキー映画『ジャズ・シンガー』(1927)の誕生以来、日々発展し続けている映画音響の進化を追うため、数々の傑作の映像を使用。音響の歴史においても偉業を残した『キング・コング』(1933)、『市民ケーン』(1941)、『』(1963)、『ゴッドファーザー』(1972)などの名作から、『ワンダーウーマン』(2017)や『ROMA/ローマ』(2018)といった、近年の傑作まで、映像をふんだんに使い、映画音響の歴史を紹介する。

 また、名作の数々を裏方として支えてきた音響技術者たちが、オーソン・ウェルズアルフレッド・ヒッチコックが映画音響にもたらした革新、ビートルズの意外な影響、チューバッカなどの人気キャラクターたちが音の効果で生き生きとして見える理由など、興味深い体験談を披露。観る前と後では、映画の観方が少し変わる、ファン必見の一本となりそうだ。(編集部・入倉功一)

映画『ようこそ映画音響の世界へ』は8月28日より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、立川シネマシティほかにて全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]