シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『スター・ウォーズ』2週連続1位で動員500万人突破!『傷物語』が3位初登場【映画週末興行成績】

『スター・ウォーズ』2週連続1位で動員500万人突破!『傷物語』が3位初登場
興収100億円超えは確実か 『スター・ウォーズ』が2週連続1位! - (C) 2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.

 12日、3連休と重なった土日2日間(1月9~10日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、公開4週目を迎えた『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が、動員39万1,207人、興行収入6億1,964万4,800円とその勢いを衰えさせることなく2週連続で1位を獲得。11日までの公開25日間の累計動員は533万7,920人、累計興収は82億4,101万6,200円を記録した。

 『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』は週末2日間だけで動員25万8,016人、興収2億9,722万4,600円をあげ、先週と変わらず2位。累計成績は動員439万8,002人、興収48億1,238万6,500円となった。

 人気作家・西尾維新の小説を劇場版全3部作として映像化したアニメ『傷物語〈I 鉄血篇〉』が3位に初登場。全国108スクリーンと、公開規模はそれほど大きくないものの、動員13万1,973人、興収1億7,705万8,000円を記録した。

 スティーヴン・スピルバーグ監督とトム・ハンクスがタッグを組み、冷戦時代、たったひとりでソ連とのスパイ交換交渉に挑んだ弁護士の実話を映画化した『ブリッジ・オブ・スパイ』が5位に初登場。348スクリーンで公開され、動員11万2,937人、興収1億4,186万7,600円をあげた。

 ドラマ「池中玄太80キロ」シリーズを手掛けた石橋冠の劇場映画初監督作『人生の約束』は6位に初登場。291スクリーンで公開され、動員8万1,867人、興収1億52万5,200円を記録した。竹野内豊、江口洋介、西田敏行、優香らが出演。江戸時代から続く富山県の新湊曳山まつりを題材に、仕事一筋だった主人公の再生を描く作品ということで、特に富山での成績が好調。同県のシネコンが上位興収トップ3を占めた。またNEWSの加藤シゲアキの処女小説を Hey! Say! JUMP の中島裕翔主演、行定勲監督で映画化した『ピンクとグレー』が7位に初登場。96スクリーンの公開規模ながら、動員7万6,759人、興収1億212万7,000円を記録した。

 9位の『007 スペクター』は累計動員211万2,130人、累計興収27億7,643万5,900円を記録し、国内におけるダニエル・クレイグ版のボンド映画史上ナンバーワン成績を達成している。

 今週末は『の・ようなもの のようなもの』『白鯨との闘い』『シーズンズ 2万年の地球旅行』『パディントン』『殺されたミンジュ』『最愛の子』『シンドバッド 魔法のランプと動く島』などが公開予定となっている。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)

【2016年1月9~10日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位
1(1)『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』:4週目
2(2)『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』:4週目
3(初)『傷物語〈I 鉄血篇〉』:1週目
4(3)『orange-オレンジ-』:5週目
5(初)『ブリッジ・オブ・スパイ』:1週目
6(初)『人生の約束』:1週目
7(初)『ピンクとグレー』:1週目
8(4)『母と暮せば』:5週目
9(5)『007 スペクター』:6週目
10(6)『映画ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』:3週目


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 1月
  4. 13日
  5. 『スター・ウォーズ』2週連続1位で動員500万人突破!『傷物語』が3位初登場