シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

NEWS加藤シゲアキ、行定監督から変態呼ばわりされ苦笑い!

NEWS加藤シゲアキ、行定監督から変態呼ばわりされ苦笑い!
登壇した行定監督

 NEWSの加藤シゲアキが18日、都内にて行われた、自身の処女作を実写化した映画『ピンクとグレー』のトークイベントに、メガホンを取った行定勲監督と、本作に熱いコメントを寄せている漫画家ひうらさとると共に出席。「映画では割愛されましたが、この小説で自殺した友達の死体をきれいにするシーンを描きたかった」という加藤の意外な発言に、行定監督が「加藤くんは変態ですね、友達の死体なんて普通ないからね!」とツッコミを入れる一幕があった。

 この日のイベントには、原作者・監督・漫画家というクリエイター3人が集合。自然と作品作りのトークに花が咲く。加藤の小説を行定監督が映画化したがっているということを聞かされた時に、加藤は「何より行定さんが、この作品を愛してくれていて、『ピンクとグレー』が好きだからこそアレンジしたい、というのがうれしかった」と述懐。さらに「行定さんが今やりたいことを僕の小説を素材に使って遊んでくれる、くらいの気持ちのほうが、一人の視聴者として面白いと思いましたね」と全幅の信頼を寄せていたことを明かした。

 ところが試写当日、加藤はあまりの衝撃に言葉を失ったという。「最初に観た時は、まず、自分の作品が映画になったんだ! という思いや、あ、こんな風にしちゃうんだ! と思うところもあり、いろんな感情がグチャグチャになりました」と吐露。さらに「スタッフがやたら僕の顔を見てくるんですが、(映画を)観終わったあとは言葉が見つからなかった」と告白。それでも、「最終的には映画になったということはすごいこと。これをたくさんの方に観ていただけるんだと思うと不思議な気持ち」と笑顔を見せていた。

 NEWS加藤の原作を映画化した本作は、大人気俳優・白木蓮吾(Hey! Say! JUMPの中島裕翔)の突然の死により、スターの地位を手に入れた幼なじみの河田大貴(菅田将暉)が、迷い苦しみながらも蓮吾の死の真相にたどり着くさまが描かれる。(取材:坂田正樹)

映画『ピンクとグレー』は全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 1月
  4. 18日
  5. NEWS加藤シゲアキ、行定監督から変態呼ばわりされ苦笑い!