シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

衝撃作『アイアムアヒーロー』韓国ロケの全貌を大公開!

衝撃作『アイアムアヒーロー』韓国ロケの全貌を大公開!
険しい表情を見せる長澤まさみ、有村架純、大泉洋、岡田義徳らキャスト - (C) 2016映画「アイアムアヒーロー」製作委員会 (C) 2009花沢健吾/小学館

 「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中の同名人気コミックを実写化した映画『アイアムアヒーロー』。退屈な日常がある日突然、謎の感染で人間から変貌したZQN(ゾキュン)によって、恐怖のサバイバルワールドに変わるパニックを、『図書館戦争』シリーズの佐藤信介監督が原作そのまま、手加減なしで描いた衝撃作だ。公開前から大きな注目を浴びる中、おととしの7月に行われた韓国ロケの全貌がついに公開された。

 撮影が行われたのは、金浦国際空港から車で1時間ほど移動したところにある閉鎖されたアウトレットモール。これを富士の裾野のそれに装飾し直し、大泉洋演じる漫画家のアシスタント・英雄と有村架純がふんした女子高生の比呂美、長澤まさみ演じる元看護師の藪らがZQNとの生き残りを懸けた壮絶なバトルに挑むさまがカメラに収められた。

 主人公たちが潜入したアウトレットモールは、広い敷地に大破した車が転がり、ショーウィンドウのガラスも破壊され、すでに地獄絵の様相。しかも、この日は地下駐車場に逃げ込んだ英雄たちがZQNの軍団に両側の出入り口から襲撃されるシーンの撮影で、特殊メイクをされた約100人の現地エキストラによるZQNは見た目だけでもおぞましい。

アイアムアヒーロー
共演の吉沢悠に向かって銃を構える大泉

 しかし、それ以上に視線を集めていたのが、本物のライフルの撃ち方や構え方をトレーナーの指示を受けながら何度も練習していた大泉だ。「英雄は銃を所持する免許を持っているわけだから、ちゃんと撃てる人に見えなきゃいけない。でも、首がどうしても曲がってしまって、完璧なフォームを一発で決めるのは難しい。それに重いから、腕も腰もバキバキですよ(笑)」と語り、監督とも入念に打ち合わせをするその姿は、他のどの作品の大泉よりもカッコいい。

 「ここまで、ずっとカッコ悪かった英雄が、やっとライフルを撃つ一つの見せ場ですからね。緊張するけど、銃が使えない日本でたまたま銃を持っていた彼がZQNとどう戦っていくのかをリアルに描いているのがこの作品の面白いところなので、そこは一番こだわっています」。

 スタッフの全員に耳栓を配った後に行われた発砲シーンの撮影では、空砲とはいえ、本物のライフルならではの轟音が鳴り響き、現場の空気は一瞬で張り詰めたものに。そこには、文字通り「ヒーロー」を体現する大泉の雄姿があったのは言うまでもない。(取材・文:イソガイマサト)

映画『アイアムアヒーロー』は4月23日より全国東宝系にて公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 1月
  4. 16日
  5. 衝撃作『アイアムアヒーロー』韓国ロケの全貌を大公開!