シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
名画プレイバック

『ハロルドとモード/少年は虹を渡る』(1971年)監督:ハル・アシュビー 出演:バッド・コート 第35回【名画プレイバック】(1/2)

『ハロルドとモード/少年は虹を渡る』(1971年)監督:ハル・アシュビー 出演:バッド・コート 第35回
『ハロルドとモード/少年は虹を渡る』当時のポスタービジュアル - (C)Paramount Pictures / Photofest / ゲッティイメージズ

 死に取り憑かれた陰気な19歳の青年と、快活で生命力あふれる79歳の老女。一見、あり得ない組み合わせの2人が主人公の『ハロルドとモード/少年は虹を渡る』(1971)。製作当時の社会背景を強く感じさせる一方で、人生を変える出会いの物語には時代を超越する求心力がある。(冨永由紀)

 19歳になるハロルド(バッド・コート)は母親と2人暮らしの豪邸で、毎日のように狂言自殺を繰り返している。端から死ぬつもりなどなく、首つりやリストカット、溺死からハラキリまで、どれも見せかけだけで、母親はその場に出くわしてももはや驚きもしない。彼のもう一つの趣味は、愛車の霊柩車を乗り回して赤の他人の葬儀に参列すること。ある日、彼は自分と同じように、死者とも遺族とも無関係な老女・モード(ルース・ゴードン)と知り合う。心が老けてしまっている若者は、肉体は老いてもはつらつとした老女に触発され、一緒に無茶をするようになる。

 他人の車を失敬してドライブし、排気ガスを浴び続ける街路樹がかわいそうだからと引き抜いて、自然の中へ植え替えようとしたり、ハロルドを軍に入隊させようとする軍人の伯父をからかったり。分別なしのいたずらっ子のような2人の振る舞いは、現代人の目にはどう映るだろう。彼らに一杯食わされる人々と同じように呆気にとられ、腹を立てるだろうか。作中に充満する無邪気な自由さに、映画が作られてからの44年の間、私たちは世間を何と窮屈な場所にしてしまったことかと思わずにいられない。

 自分の世界に閉じこもりがちな金持ちの甘えん坊のハロルドが、狭いトレイラー暮らしで、好きなものに囲まれて好きなことをして生きているモードにどんどん惹かれていく。2人のデート・シーンはどれも愛らしく、美しい。ビルの解体現場、同じような墓石が整然と無数に並ぶ墓地、遊園地。祖母と孫ほどの年齢差はグロテスクな印象を与えかねないが、ハロルドとモードのカップルはただただチャーミングで、ハロルドが本気で彼女に恋をしていると信じられる。これはひとえに、演じた俳優たちの功績であり、この2人以外では不可能と言い切れる白眉のキャスティングだ。

 モードの台詞は一つ一つが心に残る名言だ。死んだように生きる人たちがいることを指摘し、「人生から逃げ腰になっているだけ。飛び上がって、チャンスをつかむの。傷ついたっていい。思いきりやるのよ。生きるのよ!」とハロルドに発破をかける言葉は、観客をも勇気づける。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 1月
  4. 22日
  5. 『ハロルドとモード/少年は虹を渡る』(1971年)監督:ハル・アシュビー 出演:バッド・コート 第35回