シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「攻殻機動隊S.A.C」内閣サイバーセキュリティセンターとタッグ!草薙素子をポスター起用

「攻殻機動隊S.A.C」内閣サイバーセキュリティセンターとタッグ!草薙素子をポスター起用
草薙素子を起用したポスター

 アニメ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」(以下、「攻殻機動隊S.A.C」)と、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)とのタイアップが決定した。メインキャラクターの草薙素子らを起用した、サイバーセキュリティについて国民の関心を高めるため2月1日から3月18日まで実施される、「サイバーセキュリティ月間」とのタイアップポスターなどを作成。全国の関係機関に配布する。

 「攻殻機動隊S.A.C」は、士郎正宗の人気コミックが原作のSFアニメ。近未来を舞台に、サイバー犯罪やテロリズムの捜査など多岐にわたる任務を極秘裏に遂行する政府の非公認組織「公安9課」(通称:攻殻機動隊)の活躍を描く。

 本年のサイバーセキュリティ月間は官民連携で開催。民間イベントとして、NPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)を中心に、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)情報処理技術者試験センター、講談社・攻殻機動隊製作委員会と共に、民間版タイアップポスターの展開に加え、特設ウェブサイトや同作との公式コラボレーション漫画などが公開予定だ。

 アニメーション制作を手掛け、ポスター画像を描き下ろしたプロダクション I.G(株式会社プロダクション・アイジー)の、代表取締役社長・石川光久氏は、「『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』には荒巻というキャラクターが語る『スタンドプレーから生じるチームワーク』という非常に印象的なセリフがあります。現在のインターネットセキュリティを取り巻く環境はまさにこのセリフが当てはまる時代となったと感じています」とコメント。

 さらに「インターネットの急速な普及、加えてここ数年に起こったスマートフォンの急速な普及は、われわれ一人一人にインターネットと向き合う高い意識と正しい知識を要求する時代をもたらしました」と続けると、「個々人が正しい知識を持ちインターネットと対峙(“スタンドプレー”)することにより、総体としての安全なインターネット社会(“結果としてのチームワーク”)が構築できるのです。今回のタイアップイラストをご覧になり、一人でも多くの方がサイバーセキュリティに興味を持っていただければ幸いです」と語っている。(編集部・入倉功一)


【関連情報】
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 1月
  4. 22日
  5. 「攻殻機動隊S.A.C」内閣サイバーセキュリティセンターとタッグ!草薙素子をポスター起用