シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

戸田恵梨香、ミサミサ再び!『デスノート』続編で女優に成長した弥海砂に(1/2)

戸田恵梨香、ミサミサ再び!『デスノート』続編で女優に成長した弥海砂に
女優に成長した“ミサミサ”にふんする戸田恵梨香 - (C) 大場つぐみ・小畑健/集英社 (C) 2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

 女優の戸田恵梨香(27)が2006年のスクリーンデビュー作『DEATH NOTE デスノート』で演じた“ミサミサ”こと弥海砂を、その続編『デスノート 2016』(10月29日公開)で再び演じることが明らかになった。前作から10年、女優に成長した海砂にふんする戸田は「嘘でしょ! と思いました。本当ですか? って(笑)」と驚きを明かしつつ、「10年経ったいま、『デスノート』を通してまた改めて伝えられるメッセージがあるのかもしれないなと思います」と意気込んだ。

 弥海砂はトップアイドルでありながら死神に魅入られ、デスノート(=名前を書いた人間を死なせることができる死神のノート)の保有者となった人物で、天真爛漫で無邪気な性格からは想像できない、過激な行動力を持ち、愛する夜神月(藤原竜也)のために“第2のキラ”となるヒロイン。当時まだ新人だった戸田だが、月に対する一途な愛とデスノートによる抹殺を遂行する過激さを見事に演じ切り、原作・映画ファンからの高い支持を獲得。大きな当たり役となった。

 前作で描かれた月とL(松山ケンイチ)の対決から10年後を舞台にした本作で海砂は、10年前にデスノートの所有権を破棄したことにより、デスノートに関する記憶を失ったが、月への思いは持ち続けたまま女優として活動している。死神が再び地上にデスノートをばらまき、6冊のノートが持ち込まれたその世界では、月とLの戦いを知る海砂の記憶が鍵となるのだった。

 戸田が海砂を演じるのは、スピンオフ映画『L change the WorLd』(2008)以来8年ぶりで、「10年前の作品で月とLも亡くなっているし、当時も10年後の物語を作ることはないだろうと思っていたので本当に驚きました」と戸田はオファーを受けたときの心境を明かし、「今回の参加は恐怖の方が強かったです。スクリーンデビューさせていただいた作品なので、思い入れは強くて」と本作への並々ならぬ思いを告白。

 「10年前の『デスノート』のときはまだまだ新人で、役者を始めて1年も経っていないのにとても大きな作品に参加させていただいたので、芝居もままならない状態でした。だから前作を観ると恥ずかしくて仕方がないんですけど、今回はその当時に戻れるのか、戻っていいのか? 戻るべきなのか、進むべきなのか? いまの自分だったら、海砂をどう演じられるのだろうか? というところでとても悩みました」と役づくりには苦労したようだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 9日
  5. 戸田恵梨香、ミサミサ再び!『デスノート』続編で女優に成長した弥海砂に