シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
名画プレイバック

『嘆きの天使』(1930年)監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ 出演:エミール・ヤニングス、マレーネ・ディートリッヒ 第39回【名画プレイバック】(1/3)

『嘆きの天使』(1930年)監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ 出演:エミール・ヤニングス、マレーネ・ディートリッヒ 第39回
『嘆きの天使』公開当時のポスタービジュアル - Paramount / Photofest / ゲッティイメージズ

 「ファム・ファタール(Femme Fatale)」とは、フランス語で「運命の女性」あるいは往々にして「男性を破滅させる魔性の女」という意味で使われる。この言葉からイメージする銀幕スターは、映画ファンの数だけいるに違いない。1930年のドイツ映画『嘆きの天使』で、生真面目な教授を破滅に導く踊り子を演じたマレーネ・ディートリッヒは、ハリウッド進出のきっかけとなった本作で、完璧なまでのファム・ファタールを体現して世界中を魅了した。アンニュイで退廃的な雰囲気と美貌に、ディートリッヒの代名詞となる100万ドルと称された脚線美、セクシーな歌声は、今もなお色あせることはない。(今祥枝)

 真面目一筋、実直な英語科の教授イマヌエル・ラート(エミール・ヤニングス)は、いたずら好きで勉強に身が入らない生徒たちを叱りつけながら、淡々と講義を行う日々。ある日、学生が持っていた絵葉書を見咎めると、それは街のキャバレーの踊り子ローラ(マレーネ・ディートリッヒ)のブロマイドだった。あまりのいかがわしさに憤慨し、学生たちが悪の道に引きずり込まれないよう事実を確認して意見しようとキャバレーに出向いたのが運の尽き。すっかりローラに魅了されて入れ込んだラートは通い詰め、ついには結婚する。だが、幸せな日々は長く続かず、巡業の旅の日々に貯金も使い果たし、妻の裸体写真を酒場で売り歩くようになるまでに落ちぶれていく。

 103分間、スタンバーグ監督による実に無駄のない演出が冴え渡る。冒頭、教員用宿舎の書籍に囲まれた殺風景なラートの部屋に、世話係の女性が朝食を運んでくるシーン。お茶を飲みながら飼っている小鳥に口笛で呼びかけるも返事はなく、のどかで平和ないつもの朝は一変。鳥かごに近づいたラートは、小鳥が死んでいるのを発見する。見るも哀れなほど悲し気な表情のラートに対して、女性は小鳥の亡骸をつまんで「歌をやめたのね」と言い、いとも簡単にポイっとボイラーに放り込んでしまうのだった。それを呆然と見つめるラート。

 この最初の数分でまず、ラートの孤独が決定的となる。心の拠り所にしていたであろう美しくさえずる小鳥が突然いなくなり、彼は正真正銘の独りぼっち。そんなとき、今までに見たことも出会ったこともないような妖艶な美女に出会い、ひたすら学問に打ち込んできた人生で初の高揚感、幸福な感情が生まれたことは想像に難くない。ここで一夜の夢だと現実を直視するのが普通かもしれないが、楽屋で初めてローラに出会った後、静まり返った部屋に戻った瞬間に感じるラートのわびしさが痛いほど伝わってきて、彼の気持ちがローラへと向かってしまうことも仕方ないかと思えてしまう。スタンバーグはセリフではなく、こうしたちょっとした物言わぬシーンで登場人物の心情を感情豊かに伝えることに長けていて素晴らしい。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 11日
  5. 『嘆きの天使』(1930年)監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ 出演:エミール・ヤニングス、マレーネ・ディートリッヒ 第39回