シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
名画プレイバック

『野のユリ』(1963年)監督:ラルフ・ネルソン 出演:シドニー・ポワチエ 第38回【名画プレイバック】(1/2)

『野のユリ』(1963年)監督:ラルフ・ネルソン 出演:シドニー・ポワチエ 第38回
1964年4月13日、第36回アカデミー賞で黒人初の主演男優賞を獲得したシドニー・ポワチエ - Photo by Archive Photos / Getty Images

 まもなく発表の第88回アカデミー賞は、俳優部門のノミネーションをめぐって「オスカーは真っ白(Oscar So White)」騒動に揺れている。今回はアフリカ系俳優として初の主演賞を受賞したシドニー・ポワチエの『野のユリ』(1963)を紹介したい。出会うはずのない者同士が出会い、一つの目標を目指す過程で理解し合い、成長する様をユーモアを交えて描くヒューマンドラマだ。(冨永由紀)

 『暴力教室』(1955)で頭角を現し、『手錠のまゝの脱獄』(1958)でアフリカ系男優として初めてアカデミー賞主演男優賞候補になったポワチエが『野のユリ』で演じるのは、アリゾナの砂漠を気ままに放浪中の元GIの青年、ホーマー・スミス。桶1杯の水を借りたことから、荒地の一軒家に暮らす5人の修道女たちと知り合い、リーダーのマリア院長から屋根の修理を頼まれる。雇われ仕事のつもりで引き受けると、賃金を払ってくれないばかりか、拙い手描きの絵を渡され、そこに描かれた教会を建てろと言われてしまう。修道女たちは東ドイツから亡命してきて、ほとんど英語も話せない。マリア院長は、ホーマー・スミスという名前までもホーメル・シュミットとドイツ語に翻訳して、「シュミット! シュミット!」と呼びながら、あれこれ仕事を言いつけ、有無を言わさぬ勢いに押されたホーマーは教会建設に取り組んでいく。

 修道女たちはベルリンの壁を越えてきたという。壁ができたのは1961年。原作小説は翌62年の出版で、映画製作時の“現代”を舞台にした物語だとわかる。アメリカでは公民権運動が激しさを増していた時代だが、この映画にはまったくと言っていいほど人種という概念が存在しないかのようだ。見知らぬ土地に来たばかりで、神の加護を信じながらも現実的には途方に暮れている彼女たちは驚くほど警戒心ゼロで、屈強なホーマーを神が遣わした者と信じて疑わない。そんな彼女たちの熱意にほだされ、質素な食事に文句を言いながらも、英語のレッスンまでしてあげるホーマーの優しさをポワチエはさわやかに演じている。

 同じキリスト教徒であっても修道女たちはカトリックでホーマーはバプテスト。その違いを易々と超えさせるのは、ホーマーがリードを取り、修道女たちに唱和させるキリストの生涯をテーマにした霊歌だ。「アーメン」と静かに祈る彼女たちを煽るように「エイメン!」と高らかに歌い、いつしか一緒になって「エイメン!」と歌い上げる。この霊歌は作品を象徴するものの一つだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 2月
  4. 19日
  5. 『野のユリ』(1963年)監督:ラルフ・ネルソン 出演:シドニー・ポワチエ 第38回