シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

英雄か、ペテン師か?ドーピングを告白したランス・アームストロングの伝記映画、7月公開

英雄か、ペテン師か?ドーピングを告白したランス・アームストロングの伝記映画、7月公開
映画『疑惑のチャンピオン』より - PHOTO BY LARRY HORRICKS (C)2015 STUDIOCANAL S.A. ALL RIGHTS RESERVED.

 ドーピングを告白し、世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」の7連覇を含め全てのタイトルをはく奪された元自転車選手ランス・アームストロングを、『クィーン』などのスティーヴン・フリアーズ監督が描いた映画『疑惑のチャンピオン』が、7月2日に日本公開されることが明らかになった。

 本作は、サンデー・タイムズ紙の記者デヴィッド・ウォルシュによるノンフィクション「ツール・ド・フランス物語」を基に、ランス(ベン・フォスター)の栄光と転落の軌跡を描き出す。選手として最盛期の20代にガンを発症したランスは、脳までガンに冒されながらも見事に復活を遂げ、「ツール・ド・フランス」で7度の栄冠に輝く。ガン患者を支援する慈善活動にも尽力し世界中から尊敬を集めるヒーローになった彼だが、その裏には、記録のために手段を選ばない、常人には計り知れない勝利への執着があった……。

 企画段階では「アームストロング役に適した俳優をキャスティング出来なければ、映画を作る意味がない」と話していたフリアーズ監督から、「彼こそ適役だ」と太鼓判を押されたベンは、厳しい自転車トレーニングで肉体改造を行った。また、フリアーズ監督は「ツール・ド・フランス」のレースを実際に観戦したといい、「わたしは、サイクリストの背後にあるあくなき勝利への執念を見た。彼らの後ろにいるのは全員、ツール(ツール・ド・フランス)の組織の人間だ。全体が巨大な“サーカス”であることを理解したよ」と語っている。

 他キャストには、ランスを追及するジャーナリストのデヴィッド役を務める、『ヴィンセントが教えてくれたこと』などのクリス・オダウドや、『レインマン』などのダスティン・ホフマンが出演している。(編集部・高橋典子)

映画『疑惑のチャンピオン』は7月2日より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 23日
  5. 英雄か、ペテン師か?ドーピングを告白したランス・アームストロングの伝記映画、7月公開