シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

偽名を使ってアカデミー賞を2度も受賞した伝説の男

偽名を使ってアカデミー賞を2度も受賞した伝説の男
『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』ポスタービジュアル - (C)2015 Trumbo Productions, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

 映画『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』の特報映像が公開され、第二次世界大戦後の冷戦下に議会への協力を拒否したことで投獄されたものの、釈放後に偽名を使って2度のアカデミー賞受賞を果たした伝説の脚本家ダルトン・トランボのドラマチックな生涯の一部がお披露目された。

 本作は『ローマの休日』『ジョニーは戦場へ行った』『パピヨン』などの名作を手掛けた脚本家トランボの半生を描く伝記映画。第二次世界大戦後、赤狩りが猛威を振るうアメリカ・ハリウッドを舞台に、理不尽な弾圧を受けながらも脚本を書き続けた男の真実を描き出す。

 公開された特報映像では弾圧にも負けず、家族や同志たちと力を合わせて一緒に戦い抜こうとするトランボの姿がドラマチックに映し出される。その中でも自らの名前で書けないという状況の中、友人の名前を借りて脚本を託した『ローマの休日』がオスカーを獲り、家族で喜ぶ姿は印象的だ。ハリウッドに嫌われながらも映画を愛し、家族を愛したトランボにはどのような運命が待っているのだろうか。

 トランボを支え続けた家族、ハリウッドスター、映画コラムニスト、映画脚本家、映画会社などが実名で登場し、ハリウッドの黄金期に思いを馳せることができる本作。『オースティン・パワーズ』シリーズや『ミート・ザ・ペアレンツ』シリーズで知られるジェイ・ローチ監督がメガホンを取り、主演のトランボをテレビドラマ「ブレイキング・バッド」シリーズで数々の賞を受賞したブライアン・クランストンが演じる。

 売れっ子脚本家から一転、議会での証言を拒んだという理由で投獄され、キャリアの道を断たれたと思われた男の支えとなったのは何だったのか。稀代の脚本家の生き様が、本作で明らかにされる。(編集部・海江田宗)

映画『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』は7月よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 18日
  5. 偽名を使ってアカデミー賞を2度も受賞した伝説の男