シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ベトナム版『怪しい彼女』ヒットの要因は?リメイク作品の背景にある国際戦略(1/2)

ベトナム版『怪しい彼女』ヒットの要因は?リメイク作品の背景にある国際戦略
『ベトナムの怪しい彼女』

 今年の正月映画の目玉『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の興行収入1位スタートを阻止し、さらにベトナム映画歴代興行記録No.1を打ち立てた話題作『ベトナムの怪しい彼女』(2015年12月11日公開)が、このほど行われた第11回大阪アジアン映画祭で海外初上映された。いまやオーストラリアやトルコでも公開されて旋風を巻き起こしているが、そのヒットの要因について、舞台挨拶に登壇したファン・ザー・ニャット・リン監督が語った。

 原作は、シム・ウンギョン主演の韓国映画『怪しい彼女』(2014)。70歳のお婆さんがとある写真館で撮影したところ20歳に若返り、失われた青春と家族の絆を取り戻すハートフルコメディーだ。韓国では興行収入5,370万ドル(約64億4,400万円、1ドル120円換算)、観客動員865万人を記録する大ヒットとなった。

 アジアでの韓流ブームも手伝って、2015年には中国版『20歳よ、もう一度』も誕生。こちらも興行収入5,740万ドル(約68億8,800万円)、観客動員1,160万人という韓国を上回るフィーバーを巻き起こした。ベトナム版は中国に続くリメイクで、リン監督は権利元の韓国の製作会社CJエンタテインメントから「ベトナム映画を作ってほしい」と言われたという。

全体
国によって突き付けるアイテムもさまざま

 リン監督は「ベトナムの文化や精神を盛り込みました。例えば、撮影はベトナム南部で行っていますが、主人公のお婆さんは北部弁を話しています。ベトナム戦争時、北部出身者が南部に来て戦ったという歴史があるのでベトナム人なら彼女の背景を説明せずとも理解できると思います」と説明した。

 さらに、お婆さんが若返った時に髪型やファッションを真似する憧れのスターがお国柄を表している。韓国版がオードリー・ヘプバーン、中国版が“アジアの歌姫”テレサ・テンと広く知られたスターの名前を使用したのに対し、ベトナム版は大衆オペラの元人気女優タン・ガーを用いた。

 リン監督は「70年代に彼女の息子が誘拐される事件が起きました。勇敢にも犯人グループに立ち向かった結果、彼女が犠牲になってしまったのです。親子愛という本作のテーマに合う人物だと思いましたし、当時のアイドルとして、この映画で復活させたいという思いがありました。ちなみに写真館の主人を演じているのは、その時に助かった息子さんです」。こんな些細な“仕掛け”がベトナム人のハートを掴んだのだろう。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 3月
  4. 26日
  5. ベトナム版『怪しい彼女』ヒットの要因は?リメイク作品の背景にある国際戦略