シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

高良健吾&橋本愛、故郷・熊本の現状明かす「ユーモア忘れていない」

高良健吾&橋本愛、故郷・熊本の現状明かす「ユーモア忘れていない」
熊本の現状について報告した橋本愛&高良健吾

 高良健吾、橋本愛、行定勲監督ら熊本県出身者が集結し製作された、中編映画『うつくしいひと』の熊本地震チャリティー上映会が25日、テアトル新宿で行われ、高良と橋本は本編上映後のトークショーに登壇し、熊本の人々は厳しい状況の中でも「ユーモアを忘れていない」と語った。この日は、本上映会の発起人である行定監督と、主題歌を担当した柴田隆浩(忘れらんねえよ)も出席した。

 地震発生後に、現地で給水活動などボランティアに従事した高良は当時を振り返り、「今回いろんなところをまわらせていただいたんですけど、みなさん意外と力強くて元気でした」とコメント。「自分が通っていた中学にみんな避難していて、仲の良かったみんなと久しぶりに話した時も、地元のみんながとにかくユーモアを忘れていないことに驚かされました。どの避難所でも、こちらが緊張感を持って接すると、逆に相手にも緊張感を与えてしまって、自分が砕けた感じでいったほうがみなさんリラックスして接してくれている気がしました。疲れた雰囲気は確実にあったけど、みんな笑顔を絶やさずユーモアを持って接してくださって、故郷の力強さを感じました」と被災地の様子を紹介する。

 自身にとっての故郷・熊本は「帰っても外国にいるような不思議な土地」であるといい、「でも、その熊本の独特なノリ、キャラの濃さ、それをみなさん弱っていてもまだ手放していなかった。そこだけはすごいなって」としみじみ語る。「すごく面白くて住めば住むほど好きになっていく土地。どうにかして熊本にまた人を取り戻したい。熊本のために自分も協力していきたい」と決意を口にした。

 一方の橋本も、「震災があってから今まで、わたしがしたことは家族や友人と連絡を取り合って情報を聞いたり、心情を分かち合ったりという個人的な範囲のこと。その中で高良さんもおっしゃったように、みんながユーモアを忘れていなくて、わたしの友人は当日か翌日から被災を笑いに変えていた」と切り出し、「(熊本の)そういう強さ、側面をみなさんにも知ってもらいたい。もちろん、大変ですけど、大変過ぎてふっと笑いがこみ上げてくる、そんな瞬間があるということをちゃんとわたしも伝えたい」と述べ、「大雨警報が出たりした時は心配で、『なんでこんな時に』って、ニュースとにらめっこしていたけど、(一回目の警報の時は)雨が降らなかった。祈りが届いたんだなって。本当に嬉しくて。ちゃんと味方がいるんだなって思いました」と話していた。

 本作は雄大な阿蘇の自然や熊本城でのロケ、熊本弁のセリフなどに徹底的にこだわり、熊本の地で秘められた恋を描き出すご当地映画。本上映会で集まった募金は東京テアトル株式会社が全額所定の機関へ届け、現地へ寄付される。テアトル新宿では本日~5月8日まで募金箱も設置される。(取材・文:名鹿祥史)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 4月
  4. 25日
  5. 高良健吾&橋本愛、故郷・熊本の現状明かす「ユーモア忘れていない」