シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

野村周平、賀来賢人と女性をナンパ?車中から声かける

野村周平、賀来賢人と女性をナンパ?車中から声かける
助手席に乗り込んだ野村周平

 俳優の野村周平が18日、都内で行われた映画『森山中教習所』のプロモーションカー“森山中フレンドシップ号”除幕式&試乗式に賀来賢人、豊島圭介監督と共に出席、野村は賀来も認めるおバカっぷりを発揮しつつ、選挙演説さながらの弁舌を振るい、「お姉さん!」と女性に声をかけながらナンパ風に新宿界隈を走行した。

 真造圭伍の人気コミックを実写映画化した本作は、とんでもない再会から非公認教習所に通うことになった高校時代の同級生二人のひと夏を描いた、ちょっとアブナイ青春ムービー。野村がノーテンキな大学生・清高を、賀来がネクラなヤクザの組員・轟木を演じる。

 同じ芸能事務所に所属しているが、共演は初めてという二人にそれぞれの印象を尋ねると、野村は賀来について「はじけているのかと思ったら、ずっと静かにたたずんでいましたね」と明かす。豊島監督も「よく隅っこでクヨクヨしているか、お金のことを考えていたよね」と賀来の意外な一面を披露して笑いを誘う。

 一方、「明るくてキャッキャしている」という野村について、賀来は当初、「無理してる。本当は暗くて、何かを抱えているのに、あえて明るく見せるためにバカをやっている」と分析していたとのこと。しかし、撮影が進むと考えは一転。「素でバカをやってる子で天真爛漫」とわかったそうで、「それがすごく良かった。芝居で何をしてくるかわからないので新鮮でした」と笑顔。野村から「圭ちゃん」と呼ばれている豊島監督も「野村周平という“跳ねっ返り”がいるという噂を聞いてキャスティングをした。野村君ほど清高を上手く演じられる人は、今の日本にいない」とまで言い切ると、野村は「ちゃんと(記事に)書いてほしいですね」とホクホク顔だった。

 この日は、撮影で使用した車をデコレーションした“森山中フレンドシップ号”を賀来が運転し、新宿界隈をドライブすることになり、“にぎやかし”担当の野村は「新宿の皆さん、こんにちは。野村周平です。『森山中教習所』です」と元気にアピール。報道陣に向けた中継カメラはここで途切れてしまったため、「3,000人くらいが寄ってきて新宿が揺れた!」と話を盛る賀来だが、確実に気づいてくれたのは6人ほどだったとか。最後は「集団で攻めるより個人で攻めた方が良い」と判断したそうで、直接「お姉さん!」と声をかけたという野村は、「新手のナンパでしたね(笑)」と貴重な体験を楽しんだようだった。(取材/錦怜那)

映画『森山中教習所』は7月9日より全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 5月
  4. 18日
  5. 野村周平、賀来賢人と女性をナンパ?車中から声かける