シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

東出昌大『デスノート』主演に本音 ネット上のうわさにも言及

東出昌大『デスノート』主演に本音 ネット上のうわさにも言及
主人公・三島創を演じる東出昌大 - (C) 大場つぐみ・小畑健/集英社 (C) 2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

 映画『DEATH NOTE デスノート』の続編『デスノート Light up the NEW world』で主人公・三島創を演じる東出昌大と、Lの遺伝子を引き継ぐ世界的名探偵・竜崎を演じる池松壮亮が撮影現場で取材に応じ、大ヒットを記録した前作から10年、原作にはない新たなキャラクターとストーリーで展開される本作に懸ける思いを語った。

 前作で描かれたキラこと夜神月(藤原竜也)とL(松山ケンイチ)の対決から10年、再び死神が地上にデスノートを落とし、大混乱に陥った世界を、原作者・大場つぐみのアイデアを取り入れながら、オリジナルストーリーとして描く本作。デスノート対策本部特別チームの捜査官である三島役の東出自身も、前作をリアルタイムで観ていた“デスノート世代”で、「前作を観ていた人たちからの支持がすごかったので、続編ってどういうことになるのかなと思ったんです」と初めは戸惑いがあったようだ。

 キャスト発表前からネット上では「東出が月役で、池松がL役か」とうわさになっていたことについても触れ、「前作の焼き直しだったら、まさかできないですと言っていたと思います」と本音をポロリ。しかし、「役を聞いたらオリジナルだし、原作者・大場つぐみさんからもご協力いただいておりますし、それはすごく頼もしいなって。(10年前とは違う)今できるものをやりたいなと思いましたね」と決意したといい、「月とLじゃなくて、世界観はそのままに新しい三島と竜崎としてなので、今は楽しみの方が大きいです」と胸を張った。

池松壮亮
Lの“正統な後継者”竜崎役の池松壮亮

 一方、池松がふんするのは、Lが生前に残した遺伝子から生まれ、三島と同じくデスノートを追う竜崎。前作で松山ケンイチが演じ、強烈なインパクトを残したLの“正統な後継者”だけに、池松本人も「絶対に文句言われますからね。やっぱり『デスノート』は藤原竜也と松山ケンイチだって言われますから」と笑いつつ、「僕にこの役が回ってくると思っていなかったし、普通だったらもっと知名度がある人なんだろうけど、何か変なことを考えているのかなとか、いろいろ考えていくうちにやってみたいなと思いました」と出演を決めた理由を明かした。

 また、オリジナルストーリーとして続編を作ることについても、「隠さず言うと、リスキーだなと思った」という池松。ネット上の声も気になるようで、「やっぱり聞こえてきますよね。嫌なことですよね(笑)」と嘆きながらも、「とにかく怖いですよ。本当に怖いですけど、まあ撮っちゃったのでやるしかないと。絶対に文句は言われますけど、それを凌駕できるものを作っていきたいなと思います」と力強く真っすぐな目で語った。(編集部・中山雄一朗)

映画『デスノート Light up the NEW world』は10月29日より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 5月
  4. 22日
  5. 東出昌大『デスノート』主演に本音 ネット上のうわさにも言及