シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

神木隆之介、爆音で交際質問シャットアウト

神木隆之介、爆音で交際質問シャットアウト
劇中ではまだキスもしてないのにバス事故に遭う高校生を演じた神木隆之介

 俳優の神木隆之介が20日、都内で行われた映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』公開直前イベント試写会に出席。一部週刊誌でペアルックデートが報じられた女優・佐野ひなことの関係が注目される中での登場となったが、降壇時の記者からの質問は大音量BGMで寄せつけなかった。最近はスキャンダルな話題を持つ登壇者がいる場合は、記者からの声掛けを爆音BGMでシャットアウトすることが定番化している。

 昨年末には清純派女優・志田未来との“お泊り愛”を報じられた神木だが、2日発売の「週刊文春」には、佐野とのペアルックデートの現場写真が掲載された。帽子、パーカー、Tシャツ、サンダルがペアというただならぬ姿だが、直撃してきた記者に神木は、しどろもどろに「お友達なんですけど」とコメント。また、佐野はこれまでにも数回、神木の自宅マンションを訪れていることも同誌は伝えており、その真相に関心が向けられていた。

 地獄が舞台の本作は、17歳でこの世を去った大助(神木)が思いを寄せるクラスメイト・ひろ美(森川葵)にキスしたい一心で、赤鬼キラーK(長瀬智也)と一緒に地獄からの生還を目指して奮闘する青春物語。

 この日は、TOKIOの長瀬、桐谷健太、清野菜名、宮藤官九郎監督も登壇し、巨大エンマ様像の前で、これまでに犯した罪を告白する企画も実施。神木は学級委員長を務めた高校時代、同級生に楽しんでもらおうと、馬の被り物を身に着けて授業に出ていたことを明かすと、「今思うと怖がらせていたのかなぁ」と懺悔。長瀬から「それで勉強が身につくの?」と疑われた神木は「それが、英語の授業だったんですけど86点だから大丈夫!」と自慢するが、長瀬からは「かぶってなかったら100点だったかもしれないじゃん」ともっともなツッコミを返されていた。(取材/錦怜那)

映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』は6月25日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 20日
  5. 神木隆之介、爆音で交際質問シャットアウト