シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

生田斗真がトランスジェンダー演じる映画、実力派女優が集結

生田斗真がトランスジェンダー演じる映画、実力派女優が集結
(左上から時計回りに)ミムラ、田中美佐子、小池栄子、門脇麦、りりィ - (C) 2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会

 生田斗真がトランスジェンダーの女性を演じる映画『彼らが本気で編むときは、』に、ミムラ、田中美佐子、小池栄子、りりィ、門脇麦ら実力派女優陣が集結することが明らかになった。

 『かもめ食堂』『めがね』の荻上直子監督5年ぶりの最新作となる本作は、女性として人生を再出発しようとしているトランスジェンダーのリンコ(生田)とその恋人・マキオ(桐谷健太)のもとに、母親に置き去りにされた少女トモ(柿原りんか・新人)が引き取られてきたことから、三人の奇妙な共同生活がスタートする物語。

 ミムラは弟のマキオに娘のトモを預けて行方をくらますヒロミ。田中は子供の頃から自分の性に悩むリンコを明るく支えるリンコの母親フミコ。小池はトモの同級生の母親で、トモに自分の息子が近づくことに強い警戒心を抱くナオミ。りりィはマキオとヒロミの母で、リンコが女性の介護士として勤める老人ホームに入居しているサユリ。門脇はリンコの職場の同僚で、男っぽいサバサバとした性格の佑香を演じる。

 田中は「監督もお子さんがいらっしゃるということで、『突然子供にカミングアウトされたら、やっぱりびっくりしますよね』って監督にお話したら、『え、どうしてですか? 全然びっくりしないと思います』という答えが返ってきました。その言葉にも感動しました!(笑)」と荻上監督とのエピソードを披露。

 りりィは「生田さんは、キレイの一言! 傍からみていて、ちょっとしたしぐさも女性になりきろうと努力されていました」と生田の役者魂をたたえ、「男女を超越した人間愛。そこには男も女も、年齢制限もない。愛するってそういうことだと思うんです。そこを感じさせてもらえる作品になるんじゃないかと、完成を楽しみにしています!」とコメントしている。(編集部・中山雄一朗)

映画『彼らが本気で編むときは、』は2017年2月25日より新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 6月
  4. 20日
  5. 生田斗真がトランスジェンダー演じる映画、実力派女優が集結