シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

あのスピルバーグが「無理かも…」と苦戦!『アバター』を超えるミッションとは?(1/2)

あのスピルバーグが「無理かも…」と苦戦!『アバター』を超えるミッションとは?
コワ面白い巨人の世界を描くスピルバーグの新作『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』 - (C) 2016 Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

 スティーヴン・スピルバーグ監督の最新作『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』の主演俳優マーク・ライランスが、ジェームズ・キャメロンによる3D映画『アバター』(2009)よりもさらに進化した特殊視覚効果の制作舞台裏を明かした。

 児童文学作家ロアルド・ダールの名作「オ・ヤサシ巨人BFG」に基づき、ロンドンの児童養護施設で暮らす好奇心旺盛な少女ソフィーと、夜ごと子供たちに“夢”を吹き込む仕事をする心優しい巨人BFGの、ちょっと奇妙だけれど心温まる友情を描いた本作。その巨人を演じるのは、スピルバーグ監督の前作『ブリッジ・オブ・スパイ』(2015)でアカデミー賞助演男優賞を獲得した英国の名優マーク・ライランスだ。

マーク・ライランス
来日はこれが3度目という親日家のオスカー俳優マーク・ライランス

 シェイクスピア劇を中心に舞台で数多くの演劇賞に輝き、映画やテレビドラマでもシリアスなドラマ作品の多かった彼にとって、今回は初めての本格的なファンタジー映画。しかも全編にわたってモーションキャプチャーを駆使したCGキャラを演じるということで、これは難しい撮影になると覚悟して現場に臨んだという。だが、ふたを開けてみると予想外に作業は楽なものだったそうだ。

 通常の映画における演技との違いは、毎朝撮影前に行われる準備だった。モーションキャプチャー・スーツを着て、コンピューターの前に置かれた足場の上に立ち、カメラに向かってさまざまな動作をしてみせる。そうしないと、コンピュータが彼の動きを認識しないからだ。「こんなにたくさんの写真を撮られたのは生まれて初めてだった」と本人も苦笑い。

 しかし、それがすんだら後は自由に演技をするだけ。そればかりか、普段の撮影と違って現場に照明やセットはないし、視線や顔の向きも気にしなくてすむので、大変な開放感を味わえたそうだ。しかも、スピルバーグ監督は(映像に映りこまないため)、マークのすぐ隣で演技指導に当たるという贅沢な経験。ただ、あまりにも距離が近いので「もうちょっと離れてくれないかなって時々言わなくちゃならなかった(笑)」という。

 その一方で、スタッフには難問が立ちはだかっていた。それは、カメラで撮影した実写キャラとコンピューターで作ったCGキャラの共演だ。「アバター」では同様のシーンが二つしかなかったが、本作ではほぼ全編にわたっている。しかも、実写の少女ソフィーは普通の子供サイズ、BFGは身長7メートル、それ以外の巨人はさらに大柄。この全く大きさの違う複数のキャラを一つの画面で共演させることは非常に困難だったのだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 9月
  4. 12日
  5. あのスピルバーグが「無理かも…」と苦戦!『アバター』を超えるミッションとは?