シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

約1,500本から16本って…どうやって選んでるの?東京国際映画祭の裏側【第29回東京国際映画祭】(1/2)

約1,500本から16本って…どうやって選んでるの?東京国際映画祭の裏側
古典的怪談を大胆にアレンジした杉野希妃監督の意欲作『雪女』(ワールド・プレミア上映) - (C)Snow Woman Film Partners

 第29回東京国際映画祭が今年もまもなく開催されるが、世界の名作がグランプリを競うメインプログラム・コンペティション部門の作品は誰が、どのように選出しているのか? 意外と知られていない映画祭の裏側を、コンペティション部門のプログラミングディレクター・矢田部吉彦氏に直撃!

作品選定はチーム体制で1年がかり!

 今回も98の国と地域から集まった1,502本の中から選ばれた16作品が上映される本部門。その、1,500本以上もの作品を約100分の1に絞り込む膨大な作業は、誰がどのように行っているのか? そんな素朴な質問から始めると、矢田部氏は「1,500本を一気に観るのではなく、少しずつ観ていって、最終的にこの数になったということです」と前置きしたうえで「過去に映画祭に参加してくれた監督に『新作が完成したら観せてね』という連絡は常時とっているので、そういう意味では1年中、行っているようなものですね」と笑う。

 本格的に動き出すのはゴールデンウイーク前に作品公募サイトがオープンしてから。「カンヌ映画祭でミーティングをして帰国するころに作品が集まり始めている。そして6月から3か月間、とにかく観まくるんです(笑)」と矢田部氏。もちろん一人で観るわけではなく、「15人ぐらいのチームで、1作品を最低でも2人が観るようにしています。そこは時間との戦いです」と物理的な苦労を語る。

 作品選定にあたって意識しているのは「(映画祭が開催される時期の)秋の新作であること、監督の個性が際立っていること、世界の作品を広く網羅することの3点」。また100本単位の段階よりも「最終的に残った10本、5本の中から1本を選ぶときが一番苦しい」と語り、「『ワールド・フォーカス』部門の上映本数がもっと多ければ、コンペから外れた作品をそっちに回せるんですけどね」と思わず本音も飛び出す。

シェッド・スキン・パパ
フランシス・ン&ルイス・クー、香港2大スター共演のワールド・プレミア上映作品『シェッド・スキン・パパ』(C)Magilm Pictures Co., Ltd. & Dadi Century (Beijing) Co., Ltd

「世界初上映」にこだわる理由

 だが、東京国際映画祭の現在の問題点はそこではないという。「東京の直前に開催される釜山国際映画祭(今年は10月6日から15日まで開催)のコンペに出品される作品は、入れられないんです。海外の監督やプロデューサーから「釜山からエントリーの打診があったけど、東京への出品はどうしますか?」と聞かれても、東京は公募の締切が釜山よりも遅く、まだ絞り込めていないので回答できない。それで釜山に譲ることもあるわけです」と、激しい争奪戦の現状を吐露する。


【関連情報】

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 10月
  4. 5日
  5. 約1,500本から16本って…どうやって選んでるの?東京国際映画祭の裏側