シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
名画プレイバック

ロバート・アルトマンやソフィア・コッポラが心酔した人妻の恋『逢びき』(1945年)【名画プレイバック】(1/2)

ロバート・アルトマンやソフィア・コッポラが心酔した人妻の恋『逢びき』(1945年)
ロバート・アルトマン監督が「20分後には泣いていた」という名作『逢びき』(1945) - Eagle-Lion Distributors Limited / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画の主役は若く美しい男女と決まっていた1940年代、第二次世界大戦が終わろうとしている頃に作られた『逢びき』(1945)は、中年の男女がそれぞれ配偶者のいる身ながら惹かれ合う、いわゆる不倫の物語。医者と平凡な主婦の出会いから別れまでの数週間を巧みな構成で描き、『戦場にかける橋』(1957)や『アラビアのロレンス』(1962)で知られるデヴィッド・リーン監督の隠れた傑作だ。(冨永由紀)

 映画はラフマニノフの「ピアノコンチェルト2番」とともに、主婦のローラ(セリア・ジョンソン)と医師のアレック(トレヴァー・ハワード)が逢瀬を重ねてきたロンドン近郊の駅の喫茶室から始まる。沈んだ表情で座っている2人の前を通りすがったローラの知人、ドリーが割り込んでくる。挨拶もそこそこに、彼女が一方的にまくし立てているうちにアレックは到着した汽車に乗るために立ち上がる。軽くローラの肩に手を添えると、ごく普通に立ち去る彼とローラにとって、それは今生の別れだった。もちろん、ドリーはそんなことを知る由もない。

 ドリーと同じ汽車で帰路につくローラは、車中でも喋りっぱなしの知人の顔を見ながら「あなたが信頼できる、賢明で親切な友人なら良かったのに。ゴシップ好きのどうでもいい知り合いじゃなければ良かったのに」と心の中でつぶやく。とはいえ、詮索好きのドリーというキャラクターのおかげで、観客はアレックが翌週に南アフリカへ行ってしまうことなどをすんなりと知ることができる。けたたましい彼女に辟易して、ローラは「死ねばいいのに」と心の中で毒づいて、すぐに後悔する。映画はここから、誰にも打ち明けられない胸の内をありのまま真っ正直に語るローラの心の声とともに進んでいく。

 家に戻ると、何の変哲も無い日常がそこにある。クロスワードパズル好きの優しい夫と、まだ幼い娘と息子がいる。何も知らずにパズルを楽しむ夫と居間で向かい合い、ローラはラフマニノフのピアノコンチェルトを流しながら、回想に耽っていく。毎週木曜日、買い出しに出かけては貸本屋で本を借りたり、映画を観たり、時には友人と食事して夕方に汽車で帰宅するのが習慣だった彼女とアレックの冒頭の駅での馴れ初めから街中での偶然の再会までは流れるようなテンポで描かれる。決して説明的ではないのに、状況を的確に把握させる自然な会話は原作の戯曲「Still Life」の著者であり、映画の製作、及び共同脚本を手がけたノエル・カワードによるもの。主役2人の会話はもちろん、喫茶室を切り盛りする老婦人と駅員、若いウエイトレス、客たちのやりとりも生き生きとしている。ヒロインの気持ちの高まりをロマンティックに盛り上げるラフマニノフを選曲したのもカワードだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 10月
  4. 21日
  5. ロバート・アルトマンやソフィア・コッポラが心酔した人妻の恋『逢びき』(1945年)