シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「ロバート・アルトマン」の映画関連情報

検索語: 話題のキーワード

作品情報 (全10件)

ろんぐ・ぐっどばい ~探偵 古井栗之助~
『たまもの』などのいまおかしんじ監督がロバート・アルトマン監督作『ロング・グッドバイ』へのオマージュと銘打ったハードボイルドミステリー。自ら命を断った女性が盗ん...
2017年5月20日公開
ロバート・アルトマン/ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男
『M★A★S★H マッシュ』『ザ・プレイヤー』など数々の傑作で知られるロバート・アルトマン監督の人物像に迫るドキュメンタリー。権力に臆せず映画を撮り続けた巨匠の人生や映...、さらにアカデミー賞名誉賞を受賞した監督ロバート・アルトマン。彼を師と仰ぐポール・トーマス・アンダー...
2015年10月3日公開
ナッシュビル
アカデミー賞5度のノミネート、そして第78回アカデミー賞名誉賞を受賞し、多くの傑作を作り上げてきた名匠ロバート・アルトマンが1975年に発表した群像劇ドラマ。大統領候補...
2011年8月6日公開

特集・連載記事 (全15件)

【今週のクローズアップ】『死霊館』悪魔のシスターも!ガチ怖キャラ7選
!死霊館のシスター 『死霊館』シリーズ最新作の公開を前に、映画に登場する恐怖のキャラクターをピックアップ。同作に出てくる悪魔のシスター、ヴァラクをはじめ、トラウマ...も怖いのが、**怯える妻の顔**。演じるのはロバート・アルトマン監督作『三人の女』でカンヌ国際映画祭女優...
2018年9月13日掲載
【ラジカル鈴木の味わい名画座探訪記】映画の余韻に浸りながら世田谷線でコトコト帰路へ…下高井戸の粋な名画座とは ラジカル鈴木の味わい名画座探訪記
世田谷線に乗って、三軒茶屋から終点の下高井戸へ。新宿や渋谷のせわしなさとは違い、住宅の中をゆっくり走り、空き地や畑などが見られ、のんびりした空気が流れています。...作品が上映される時に来た記憶が多いです。ロバート・アルトマン監督の『M★A★S★H』『ボウイ&キーチ』『ナッ...
2017年4月9日掲載
【今週のクローズアップ】ハリウッドの異端児!映画に全てをささげた男、ロバート・アルトマン
世界三大映画祭で最高賞、さらにアカデミー賞名誉賞を受賞してこの世を去ったロバート・アルトマン監督は、マーティン・スコセッシ、ウディ・アレンと並んでアメリカを代表...マン監督の人物像に迫るドキュメンタリー『ロバート・アルトマン/ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された...
2015年9月25日掲載

映画ニュース (全57件)

作品賞は『ビール・ストリートの恋人たち』インディペンデント・スピリット賞
第34回インディペンデント・スピリット賞が発表され、作家で公民権運動家としても活躍したジェイムズ・ボールドウィンの小説を、第89回アカデミー賞作品賞受賞作『ムーンラ...ング 『ビール・ストリートの恋人たち』 ■ロバート・アルトマン賞(アンサンブル賞) 『サスペリア』...
2019年3月2日掲載
ジェフ・ゴールドブラムがハリウッド殿堂入り!
映画『ザ・フライ』『ジュラシック・パーク』『インデペンデンス・デイ』など数々のヒット作に出演してきたジェフ・ゴールドブラムが、ハリウッド殿堂入りを果たすことが、...フッド・プレイハウスで学ぶ。その後、名匠ロバート・アルトマン監督に見いだされ、映画『ナッシュビル』で...
2018年6月10日掲載
『犬ヶ島』ジェフ・ゴールドブラム、ウェス・アンダーソン作品の世界観に圧倒
ウェス・アンダーソン監督最新作『犬ヶ島』で声優を務めた俳優ジェフ・ゴールドブラムが、本作をはじめ、過去のウェス監督とのエピソードを交えて、今作で挑戦した“犬役”に...画製作を“アート”に見立てようとする点で、ロバート・アルトマン監督を彷彿とさせるんです。完成した作品は...
2018年6月2日掲載
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』カギを握る存在とは?監督に聞く
マーベルの新作映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(4月27日公開)を、兄弟であるジョー・ルッソと共に監督したアンソニー・ルッソが、「未知の領域に挑んだ」...ことです。(群像劇の名手として知られる)ロバート・アルトマン監督の作品を参考にしようとも考えましたね...
2018年4月29日掲載
作品賞は『ゲット・アウト』!インディペンデント・スピリット賞
2018年インディペンデント・スピリット賞が発表され、人種差別がテーマの異色スリラー映画『ゲット・アウト』が作品賞と監督賞を受賞した。 同作品は今年のボストン・オンラ...アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』 ■ロバート・アルトマン賞(アンサンブル賞) 『マッドバウンド 哀...
2018年3月4日掲載
離婚寸前のW不倫熟年夫婦が寄りを戻すラブコメディーとは?
映画『愛と青春の旅だち』のデブラ・ウィンガーと『8月の家族たち』の原作者で俳優としても活躍するトレイシー・レッツが、離婚寸前の熟年夫婦を演じたラブコメディー『ザ・...については「1970年代のハル・アシュビーやロバート・アルトマンなどの独立系作品。彼らの作品は何度鑑賞し...
2017年5月22日掲載
『ムーンライト』6受賞!インディペンデント・スピリット賞発表
2017年インディペンデント・スピリット賞が発表され、『ムーンライト』が作品賞、監督賞、脚本賞を含む6部門で受賞を果たした。 貧困地域に生まれ、ドラッグ、いじめ、虐待...ク 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 ■ロバート・アルトマン賞(アンサンブル賞) 『ムーンライト』...
2017年2月27日掲載
21年ぶりに聖地で公開!ミニシアター全盛期の名作『スモーク』戸田奈津子らが当時を振り返る
1995年に公開され、25週に渡るロングラン上映という伝説をつくった名作『スモーク』のデジタルリマスター版が17日、21年の時を経て、聖地YEBISU GARDEN CINEMA(当時は恵比...だ意外な理由、ポール・オースターの脚本をロバート・アルトマンに読んでもらった話、編集で短縮するのが大...
2016年12月18日掲載
【名画プレイバック】ロバート・アルトマンやソフィア・コッポラが心酔した人妻の恋『逢びき』(1945年)
映画の主役は若く美しい男女と決まっていた1940年代、第二次世界大戦が終わろうとしている頃に作られた『逢びき』(1945)は、中年の男女がそれぞれ配偶者のいる身ながら惹...う。多くの映画人に愛されている作品だが、ロバート・アルトマンは若い頃、暇つぶしに入った映画館で観た時...
2016年10月21日掲載
『未知との遭遇』『ディア・ハンター』撮影監督ヴィルモス・ジグモンドさん死去 85歳
スティーヴン・スピルバーグ監督作『未知との遭遇』(1977)でアカデミー賞を受賞した撮影監督のヴィルモス・ジグモンドさんが1日にアメリカ、カリフォルニア州で亡くなった...の数々を担当。スピルバーグ監督をはじめ、ロバート・アルトマン監督(『ギャンブラー』『ロング・グッドバ...
2016年1月4日掲載