シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『デスノート』もう一人の死神役に松坂桃李!映画『アイアムアヒーロー』が懸け橋に

『デスノート』もう一人の死神役に松坂桃李!映画『アイアムアヒーロー』が懸け橋に
金色のフェイスを持つ“もう一人の”死神ベポ - (C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

 映画『DEATH NOTE デスノート』10年ぶりの続編となる『デスノート Light up the NEW world』(10月29日公開)に登場する“もう一人の”新たな死神の声を、松坂桃李が担当していることが明らかになった。松坂は「原作が元々好きだったので、佐藤信介監督からお話をいただいた時は、うれしかったです。束の間ながら、あの世界に入れたのはワクワクもしました」と心中を明かしている。

 原作・大場つぐみ、作画・小畑健のヒット漫画を前後編の2部作で実写化した『DEATH NOTE デスノート』の主人公・夜神月と天才探偵Lの死から10年後を描く本作。前作にも登場したリュークを中村獅童が続投するほか、新キャラ・アーマの声優が沢城みゆきであることが発表されたが、もう一人の死神ベポ役として松坂に白羽の矢が立った。ベポは金色のフェイスに6本の指を持つ巨大な死神で、デスノート対策本部の捜査官・三島(東出昌大)とLの遺伝子を継ぐ天才探偵・竜崎(池松壮亮)に、人間界に6冊ものノートがばらまかれていることを知らせる。

デスノート Light up the NEW world
ベポと竜崎(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

 松坂が参加することになったきっかけは、松坂が本作のメガホンを取った佐藤信介監督の前作『アイアムアヒーロー』(今年4月公開)の劇中に登場する生ける屍、“ZQN(ゾキュン)”役を熱望したことに端を発する。そのときは「まさか松坂桃李が出てくれるはずがない」とスルーされてしまったものの、実は松坂が本気だったことを伝え聞いた佐藤監督が、今度こそはとリベンジの意でオファーしたという。

 シリーズの世界観を象徴する死神役をまっとうした松坂だが、「僕の声だと気づかない方もいらっしゃると思います。あまり先入観を抱かずに、楽しんで頂けたら本望です」と控えめにコメント。あくまで世界観を大事に、裏方に徹したというニュアンスが感じられ、強い思い入れがうかがえる。(編集部・石井百合子)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 10月
  4. 26日
  5. 『デスノート』もう一人の死神役に松坂桃李!映画『アイアムアヒーロー』が懸け橋に