シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

トム・クルーズ『ジャック・リーチャー』続編、前作から興収大幅アップ!【全米ボックスオフィス考】(1/2)

トム・クルーズ『ジャック・リーチャー』続編、前作から興収大幅アップ!
今作でもトムは走る! - 映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』より - (C) 2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

 先週末(10月21日~10月23日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、新作3本が1位から3位までを独占した。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル100円計算)

 1位は、俳優タイラー・ペリーが“マディアおばさん”にふんする人気シリーズ第7弾『ブー! ア・マディア・ハロウィーン(原題) / Boo! A Madea Halloween』。ハロウィーンを舞台にしたホラーコメディーで興収2,850万1,448ドル(約28億5,014万4,800円)を稼ぎ出し、観客の満足度も高い。

 2位は、トム・クルーズ主演アクション『アウトロー』の続編『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』。己の正義を貫く一匹狼ジャック・リーチャー(トム)が、身に覚えのない反逆罪で逮捕されたターナー少佐(『アベンジャーズ』のコビー・スマルダーズ)のピンチに立ち上がる。興収は、前作(1,521万156ドル・15億2,101万5,600円)を大幅に上回る2,287万2,490ドル(約22億8,724万9,000円)を記録した。ちなみに前作も初登場2位。監督はクリストファー・マッカリー(『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』)から、『ラスト サムライ』のエドワード・ズウィックにバトンタッチした。

 3位は、「コックリさん」のような霊応盤「ウィジャ・ボード」を題材にした低予算ホラー映画『呪い襲い殺す』の前日譚『ウィジャ:オリジン・オブ・イーヴィル(原題) / Ouija: Origin of Evil』。前作には及ばなかったが興収は1,406万5,500ドル(約14億655万円)と、製作費900万ドル(約9億円)をきっちりカバーした上、利益を出している。初登場組では唯一、『宇宙人ポール』のグレッグ・モットーラ監督が手掛けたコメディー『キーピング・アップ・ウィズ・ザ・ジョンジズ(原題) / Keeping Up with the Joneses』が振るわず7位デビューとなってしまった。

 また、4館で限定公開されたバリー・ジェンキンス監督のドラマ『ムーンライト(原題) / Moonlight』が1館あたり興収10万519ドル(約1,005万1,900円)を稼ぎ出す大ヒットとなった。これは1館あたりの興収としては今年最高の数字。マイアミの過酷な環境で育ちながら、自分の居場所を見つけようともがく黒人少年の姿が描かれている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 10月
  4. 25日
  5. トム・クルーズ『ジャック・リーチャー』続編、前作から興収大幅アップ!