シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

ザ・コンサルタント

ザ・コンサルタント
(C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED
英題:
THE ACCOUNTANT
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年1月21日
(丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか)
上映時間:
配給:
ワーナー・ブラザース映画
製作会社:
エレクトリック・シティ・エンターテイメント / ゼロ・グラビティ・マネジメント
カラー

見どころ:『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でバットマンを演じたベン・アフレックが、複数の顔を持つアンチヒーローを体当たりで演じるアクション。夜な夜な巨悪に鉄槌を下す片田舎の会計士が、裏社会で壮絶なバトルを繰り広げる様子を映す。『ピッチ・パーフェクト』シリーズなどのアナ・ケンドリックや、『セッション』などのオスカー俳優J・K・シモンズらが共演。複雑なストーリー展開に手に汗握る。

あらすじ:小さな町で会計士として働くクリスチャン(ベン・アフレック)のもとに、ある日大手企業からの財務調査のオファーが寄せられる。調査を進めるうちに彼は重大な不正を発見するが依頼は突然取り下げられ、それ以来クリスチャンは身の危険を感じるようになる。実は、彼は闇の社会の会計士として各国の危険人物の裏帳簿を握るすご腕の暗殺者だった。

ザ・コンサルタント
(C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

映画短評

  • 相馬 学
    異形のヒーローに確かな説得力を持たせた快作
    ★★★★
    »読む«閉じる

     神経質で几帳面な会計士にして、頭の切れる殺し屋。レインマンとジェイソン・ボーンの融合というか、そんなある種、極端な二面性を違和感なく同居させた点に唸る。

     『ジェーン』で緊急雇われ監督を務めさせられたギャヴィン・オコナーが、そのうっぷんを晴らすかのように(?)、得意の男のドラマをリアリズム重視で活写。伏線の回収もうまく、ラストまで見ると彼の傑作『ウォーリアー』の変奏曲のようにも思えてくる。

     前回のバットマン役ではイマイチ、サエなかったベン・アフレックもここではグッドジョブ。主人公の複雑な背景にミステリーを宿らせつつ、味のあるヒーローになりきった。地味だが温かみのあるヒロインもいい。

  • なかざわひでゆき
    意外性に富んだ展開と抜群のユーモアが魅力
    ★★★★
    »読む«閉じる

     表向きは天才的な頭脳を持つ優秀な会計コンサルタント、しかしその素顔は超人的な戦闘能力で社会に蔓延る悪を成敗する凄腕の仕事人。古典的なスーパーヒーロー物の変化球とも言えるが、そんな荒唐無稽に驚くほどの説得力をもたらすのは、丹念に練り込まれたキャラ造形といい意味で泥臭い人間ドラマだ。
     まあ、あまりにも主人公が強すぎるという嫌いはあるものの、そこはアクション映画の定石をあえて逆手に取ることで捻りを効かせたストーリー展開の面白さでチャラ。そう来ましたか!という意外性が絶妙なユーモアへと繋がる。ベン・アフレックにとってシリーズ化すべきは、バットマンではなく断然こちらだろう。

  • 清水 節
    オタク的資質に満ちたアンチヒーローが異能を発揮する大活劇
    ★★★★
    »読む«閉じる

     まず脚本の勝利だ。射撃にも接近戦にも超人的能力を発揮する主人公のキャラ設定は、説得力十分。障害を克服して限られたことに特殊な能力を発揮し、オタク的資質に満ちたアンチヒーローが、せちがらい世の中を生き抜く物語だ。『レインマン』の過激なアップデート版のような側面でトラウマのドラマを進めるが、行き着くところはアクション映画。悪辣な連中の設定が甘くても、それは笑いを誘うきっかけになる。ヒロインが、数字には滅法強い非モテ系なのもツボを心得ている。スーパーヒーローやスパイに食傷気味の今、バットマンよりも適役に出会ったベン・アフレックが、嬉々として役づくりをしているのが伝わってくる。シリーズ化を望む!

  • くれい響
    難点は多いが、どこか憎めない
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    シラットを使いこなすベン・アフレックの姿は魅力的だが、「今度はベンにジェイソン・ボーンやらせたら面白くない? 『グッド・ウィル・ハンティング』な要素も入ってるし!」なオトナの計算が見え隠れする本作。主人公のバックグラウンドが次第に明らかになる展開は、ある意味ギャヴィン・オコナー監督の十八番だが、ミステリアスに描きながら、それが驚きに繋がらないし、アナ・ケンドリックスやJ・K・シモンズの使い方もモノ足りない。そんな難点が多いなかで、意外な笑いどころなど、どこか憎めない感じが見え隠れ。そこが賛否分かれるところだが、あの『ウォーリアー』監督の最新作と観ると、フツウに“問題作”にしか見えない。

  • 平沢 薫
    一種のスーパーヒーローものとして見ても楽しい
    ★★★★
    »読む«閉じる

     特殊な能力を持つ主人公が、昼間は別の顔を持ち、正体を隠して悪を討つーーときたらそれはもうスーパーヒーローの形式。ベン・アフレックが別のシリーズで演じる、あの寡黙なスーパーヒーローの姿を重ねて見るのも一興だ。とはいえ、こちらの主人公は会計士でお金の動きを追うという設定で、現実にありそうな事件を描いて全く別のテイスト。
     主人公の過去を少しずつ明らかにしていく謎解き方式のストーリー展開が、主人公の背負ったものの切なさを際立たせる。インドネシアの格闘技を取り入れた無駄な動きのない肉弾戦は、主人公のキャラに合致。拳が身体を撲る音も、消音装置付きの銃弾が壁に当たる音も残響がなく、音響の演出もリアルだ。

予告編・動画

ベン・アフレックが裏の顔を持つ会計士を熱演!映画『ザ・コンサルタント』特報

» 『ザ・コンサルタント』の予告編・動画一覧

ポスター/チラシ

  • 映画『ザ・コンサルタント』ポスター
    ポスター
  • 映画『ザ・コンサルタント』チラシ
    チラシ
  • 映画『ザ・コンサルタント』チラシ
    チラシ

スタッフ

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ザ・コンサルタント』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 自閉症のダークヒーロー誕生【映画レビュー】『ザ・コンサルタント』あらすじ&感想(ネタバレ無し) from 楽ブログ (2017年6月22日 12時46分)
    とある養護施設に、両親に連れられてやって来た少年とその弟。 弟のほうは、少年を見守るようにおとなしく側に座っていました。 施設の責任者と話している両親は、自閉症だと診断された少年を入所させるよう勧められています。 軍人である父親の転勤による引越しの多さが彼に悪影響があるのではと心配する母親に対して、父親は息子を自分の手で育てることにこだわって彼の入所を拒んでいるようです。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【ザ・コンサルタント】監督が本当に描きたかった事は・・ from 元ボクサーの一念発起 (2017年6月6日 17時0分)
    本業殺し屋・・! ベン・アフレックが、凄腕の殺し屋の顔を持つ謎の会計士を演じたサスペンスアクション! いごっそう612 どうも、いごっそう612です!元ボクサーの一念発起へようこそ!ベン・アフレック結構好きです。 作品情報 原題:THE ACCOUNTANT洋画:アクション・サスペンス製作年:2016年製作国:アメリカ日本公開:2017年1月21日レンタル開始:2017年5月17日上映時間:128分 あらすじ 小さな町で会計士として働くクリスチャン(ベン・アフレック)のもとに、ある日大手企業からの財&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ザ・コンサルタント」 from 元・副会長のCinema Days (2017年2月11日 6時27分)
    (原題:THE ACCOUNTANT)話の組み立て方は悪くないし、観ている間は(ラストを除いて)退屈しないが、鑑賞後には内容を忘れるのも早い。これはひとえに、単なる活劇編を超えるようなモチーフを提示出来ていないからだ。しかも“何とか新味を出してやろう”という思いが... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ザ・コンサルタント」 from ここなつ映画レビュー (2017年2月7日 16時53分)
    面白かった。期せずして自閉症繋がりの作品を連続して鑑賞することになったのだが(直近の鑑賞作品は「僕と世界の方程式」)、どちらも数字に天才的な能力を発揮する自閉症という設定。だがこちらの方は…ある種不謹慎である。でも言うまでもなくこの不謹慎さが面白いのであって(いや真面目なモノがツマラナイと言っているのではありません)、荒唐無稽な世界に羨望すら感じてしまう。そう、羨望だ。まず数字に強いというその世界に羨望を感じてしまう。2桁の足し算もままならない私にとって、7桁の掛け算をすらすら口にできるクリスチャン・ウルフ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ザ・コンサルタント』評価と感想/スーパー自閉症ヒーロー誕生! from eigamanzaiの映画レビュー (2017年2月6日 12時44分)
    うむむと唸りましたよこの脚本 ☆5点 (あらすじとかはシネマトゥデイさんでどうぞ) 今作は上の予告編は見てなくて、下の特報を見て面白そうと思い鑑賞。 なので全くどんな映画か想像つかなくて、『アメリカン・サイコ』とか思い浮かべたんですけど、全然違いました。 それで観る前にツイッターのTLに https://twitter.com/kantoQyoiko/status/827122756667863046 こういうのが流れてきて、なぜレインマン?と思ったのですけど、観終わるとなるほど上手いですなぁ! 上&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年1月16日の週の公開作品
  3. 『ザ・コンサルタント』