シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
(C) 2016 Twentieth Century Fox
英題:
MISS PEREGRINE'S HOME FOR PECULIAR CHILDREN
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2017年2月3日
上映時間:
配給:
20世紀フォックス映画
カラー

見どころ:ランサム・リグズの小説「ハヤブサが守る家」を実写化したファンタジー。奇妙な子供たちが暮らす屋敷を訪れた少年が、彼らに迫りつつある危険と自身の秘めた宿命を知る。監督は、『アリス・イン・ワンダーランド』などのティム・バートン。『悪党に粛清を』などのエヴァ・グリーン、『エンダーのゲーム』などのエイサ・バターフィールド、『アベンジャーズ』シリーズなどのサミュエル・L・ジャクソンらが顔をそろえる。

あらすじ:少年ジェイクは、現実と幻想が交錯する中で、奇妙な子供たちが暮らす“ミス・ペレグリンの家”を見つけ出す。子供たちが不思議な能力を持ち、ひたすら同じ一日を繰り返す理由を知る一方で、彼らに忍び寄ろうとしている危険に気付くジェイク。さらに、ミス・ペレグリンの家へと導かれた理由と自身の役割を知る。やがて、真実が明らかになるとともに、子供たちに思わぬ変化が起こるが……。

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
(C) 2016 Twentieth Century Fox

映画短評

  • 清水 節
    風の少女を愛でる「デイドリーム・ビフォア・カタストロフ」
    ★★★★
    »読む«閉じる

     確かに奇妙なバートンらしさ全開だ。人との違いに戸惑う感傷性は溢れんばかり。古城に棲みつく淋しげで異形な者たちは、X-MEN的に世界の救済を担うのでなく、自らの苦悩を癒すためにこそ異能を発揮する。だがこれまでとは何かが違う。闇を愛したバートンにしては妙に明るい。悲劇の直前に時間を戻すため、最後の1日をループする物語の中で強調されるのは、楽しげな昼の世界。原作改編点が興味深い。少年が恋心を抱くヒロインは、火を扱うのではなく空中浮遊し空気を操る。そう、“風の少女”に変わったのも大らかさの証。異能力者による「デイドリーム・ビフォア・カタストロフ」。終幕も吹っ切れている。彼の転換点になるかもしれない。

  • 山縣みどり
    奇妙なバートン監督が教えてくれる多様性と寛容性
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    風変わりに生まれついた子供たちが登場する児童書の映画化は、多様化を許さない気配が日々濃厚になるアメリカに対するティム・バートン流の「NO」なのかもしれない。トランプ政権に抵抗する意味で暴れたバークリー大の学生運動をニュースで見ながら、奇妙な子供たちが一丸となって巨悪に戦いを挑む姿を思い出した。エイサ・バターフィールド演じる主人公ジェイクが自身をすごく平凡な人間と思い込んでいたけど実は……という設定は、世界の大多数の人間に当てはまるわけで、誰が見ても共感必至。映像も美しく、物語のテンポも快活。そしてなによりも、自分と違う存在をあるがままに受け入れる寛容さをも教えてくれる作品だ。

  • 平沢 薫
    いかにもティム・バートンなアイテムがいっぱい!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     壊れた玩具、骸骨、見世物小屋など、久々にティム・バートンらしいグッズが続々。少女の履く靴のデザインまでティム・バートン風。ちょっと怖くて奇妙なのに、とってもキュートーーそんなこの監督の映画にかつて溢れていた感覚が、あちこちでふとした拍子に顔を出す。なにしろ、主要登場人物からして、他の人間とは異なる奇妙な力を持った子供たち。自ら自分もそんな子供だったと告白するティム・バートンに、これほどぴったりな題材はない。子供たちはみな能力だけでなくルックスもユニークだが、中でも頭部にすっぽり袋をかぶった双生児が最高。この監督はまたあの世界を描いてくれるかもしれない。そんな期待が高まってくる。

  • なかざわひでゆき
    いかにもティム・バートンらしい壮麗なダーク・ファンタジー
    ★★★★
    »読む«閉じる

     古い絵本のごときノスタルジックで壮麗なビジュアルといい、世間から身を隠して生きる異形なる者たちの哀しみといい、いかにもティム・バートンらしいシュールでファニーなダーク・ファンタジー。これを進歩のない安全パイと見るか、それともティム・バートンの本領発揮と見るかで評価も分かれるだろう。
     個人的にはやはり後者。主人公ジェイクと唯一の理解者である祖父(テレンス・スタンプ)との絆は『シザーハンズ』のジョニデとヴィンセント・プライスを彷彿とさせてホロッとするし、『アルゴ探検隊の大冒険』のごとき骸骨軍団の賑やかな活躍も素直に楽しい。ちょっと怖いけど頼りになるミス・ペレグリン=エヴァ・グリーンもはまり役!

  • くれい響
    もしも、ティム・バートンが『X-MEN』を撮ったら?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    個性的な『X-MEN』的キャラに加え、脚本が『ファースト・ジェネレーション』『フューチャー&パスト』にも参加したジェーン・ゴールドマンだけに、青春ドラマやタイムリープ要素もアリ。このように“もしも、ティム・バートン監督が『X-MEN』を撮ったら?”なノリで観れば、前作『ビッグ・アイズ』に及ばないが、それなりに楽しめる。ただ、あまりに唐突なエンディングなど、原作ファンも太鼓判と言い難い脚色は気になる。そして、出番が少ないなか、美味しいところは持っていく“ダークなメリーポピンズ”ペレグリンのエヴァ・グリーン。以前なら、ヘレナ・ボナム=カーターが怪演した役だけに、オトナの男女の事情が見え隠れする。

予告編・動画

ティム・バートンのダークファンタジー!『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』予告編
斎藤工&板谷由夏が『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』など2月上旬のイチオシ新作映画を「はみだし映画工房」で激論!
松井愛莉、コスプレ姿でティム・バートン監督と対面! 映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』来日記者会見

» 『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008

(C) 2016 Twentieth Century Fox

ポスター/チラシ

  • 映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』ポスター
    ポスター
  • 映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』チラシ
    チラシ

キャスト

ミス・ペレグリン:
フランク:
ヒュー:
ブロンウィン:
ヴィクター:
ミス・アヴォセット:
ジェイクの母親:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』 from よくばりアンテナ (2017年2月19日 13時16分)
    公式サイトはこちらです 子どもの目線で綺麗な絵本を眺めるような、そんな期待感で観にいきました。 でも、大人でも楽しめるしっかりしたストーリーで満足度高いです(*´∀`*) ティム・バートン監督作品。 原作はランサム・リグズ『ハヤブサが守る家』 大好きだったおじいちゃんが何者かに襲われ、凄惨な死を遂げる直前、 ジェイクはおじいちゃんから『ウェ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち from エンターテイメント日誌 (2017年2月14日 8時31分)
    評価:B 映画公式サイトはこちら。 決してティム・バートン監督の最高傑作だとは ...[外部サイトの続きを読む]
  • ミス・ペレグリンと奇妙な子どもたち・・・・・評価額1650円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2017年2月12日 22時34分)
    ミス・ペレグリンの屋敷は、何を象徴しているのか? 異才ティム・バートン監督の最新作は、特殊能力を持った子どもたちが暮らす屋敷を訪れた孤独な少年が、迫り来る超常の危機に直面し、自らの宿命に立ち向かう物語。 すっかり成長したエイサ・バターフィールドが、主人公のジェイクを好演。 子どもたちの守り手である屋敷の主人、ミス・ペレグリンをエヴァ・グリーンが演じる。 原作は短編映画作家でもある... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」:こどもたちだけ見ていたい from 大江戸時夫の東京温度 (2017年2月12日 0時36分)
    映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』は、まさにティム・バートン印の奇妙なフ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち】は劣化版X-MEN? from 元ボクサーの一念発起 (2017年2月6日 21時48分)
    ティム・バートン監督の新作です! 謎めいた島を訪れた少年が体験する奇妙な出来事を描いたランサム・リグズによる全米ベストセラー小説「ハヤブサが守る家」を、ティム・バートン監督が実写映画化したダーク・ファンタジー! いごっそう612 どうも、いごっそう612です!元ボクサーの一念発起へようこそ!名前だけでも覚えて帰ってください。 作品情報 原題:MISS PEREGRINE’S HOME FOR PECULIAR CHILDREN洋画:ダーク・ファンタジー製作年:2016年製作国:アメリカ日&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年1月30日の週の公開作品
  3. 『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』