シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「ウォーキング・デッド」ニーガン撲殺シーン、数パターン撮影していた!

「ウォーキング・デッド」ニーガン撲殺シーン、数パターン撮影していた!
とにかく大変で、もうやめたかったよ。 - ニーガン役のジェフリー・ディーン・モーガン - Jason LaVeris / FilmMagic / Getty Images

 米テレビドラマ「ウォーキング・デッド」の第7シーズンがスタートし、ニーガン(ジェフリー・ディーン・モーガン)が一体誰を殺したのかがようやく明らかになったが、ジェフリーは撮影がいかに大変だったかを Interview Magazine に語っている。

 Deadlineなどによると、撲殺シーンはリークを懸念し、本番とは違うキャラクターが殺されるパターンなど、何種類かを撮影したそう。それもあり、撮影には10日もかかっていたようだ。

 「とにかく大変だった。もうやめたいと思うところまでいったよ。感情的にはすべてがカラになった状態だった。みんなそうだったと思うよ。とにかくずっと、ものすごく重い状態が続いたんだ。放送されたエピソードでも気分的に和らぐ瞬間はなかっただろ。僕らにとっては、あの状態が10日間続いたんだ。40分じゃない、10日間だ。毎日、通しでだよ」と語っている。

 その残忍さに焦点が当てられているニーガンだが、今後は人間的な一面も見せる予定とのこと。「もっと彼を知り、穏やかな様子を見るにつれて、ルシール(有刺鉄線を巻き付けたバットの呼び名)で人の頭をぶん殴っている彼とは違う、カリスマ性とユーモアを目にすることになると思う。ニーガンを擁護するわけじゃないが、視聴者やファンが忘れがちなのは、リック(アンドリュー・リンカーン)とダリル(ノーマン・リーダス)たちは、僕の仲間を30人から40人は殺しているということ。僕はまだ2人だぜ。ニーガンは威勢よくやっただけさ」とコメントしている。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 10月
  4. 30日
  5. 「ウォーキング・デッド」ニーガン撲殺シーン、数パターン撮影していた!