シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

オオカミに欲情していく女性…人と獣の交わりを意識させる超過激映像

オオカミに欲情していく女性…人と獣の交わりを意識させる超過激映像
ただただ衝撃的…『ワイルド わたしの中の獣』ポスタービジュアル - (C) 2014 Heimatfilm GmbH + Co KG

 オオカミに欲望を露わにしていく女性の姿を描き、第32回サンダンス映画祭で話題を呼んだ新作映画『ワイルド わたしの中の獣』からポスタービジュアルと予告編が公開され、人と獣の交わりを意識させる過激な内容の一端が明らかになった。

 『バンディッツ』『トンネル』に出演するなど、女優としての顔も持つニコレッテ・クレビッツが監督&脚本を務めた本作。倫理観を覆すような人間とオオカミとの倒錯愛をあぶり出し、サンダンス映画祭を衝撃に包んだ。

 この度公開された予告編で、そのすさまじい題材をリアルかつ独特のトーンで描きだしているのが確認できる。映像はまず、無機質な毎日を過ごす主人公の女性、アニアがオオカミと出会うところから始まる。オオカミに一目で心を奪われたアニアは、自宅マンションの一室にオオカミを連れ込むも、徐々に自らが野生に取り込まれていくのだった。食事を手づかみで食べたり、マンションの階段の手すりを下着姿のまま滑り下りるなど、明らかに常軌を逸した振る舞いをするようになり、その様子に困惑する周囲の人々も映し出される。

 そして、「運命の出会い」とオオカミとの遭遇を振り返り、まるで恋人のようにうれしそうにオオカミを紹介するヒロイン。しまいには、オオカミを目の前に欲情していくというタブーに踏み込んだ過激さに言葉を失くす仕上がりになっている。

 オオカミに惹かれ、野性化していくヒロインを体当たりで演じたのは、『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』のリリト・シュタンゲンベルク。果たして人と獣の狭間で生きる彼女がたどる運命とは? 衝撃の映像体験が待ち受ける。(編集部・石神恵美子)

映画『ワイルド わたしの中の獣』は12月24日より新宿シネマカリテほか公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 10月
  4. 27日
  5. オオカミに欲情していく女性…人と獣の交わりを意識させる超過激映像