シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『マイティ・ソー』第3弾クランクアップ!クリヘムたちが仲良く報告!

『マイティ・ソー』第3弾クランクアップ!クリヘムたちが仲良く報告!
ほのぼのショット(画像はマーベルスタジオ公式Facebookのスクリーンショット)

 映画『マイティ・ソー』シリーズの第3弾『ソー:ラグナロク(原題) / Thor: Ragnarok』が現地時間28日、オーストラリアでクランクアップを迎えた。主演のクリス・ヘムズワースとメガホンを取ったタイカ・ワイティティ監督らが屋外セットから撮影終了を報告する動画が、Facebook Live で配信された。

 クリスふんする雷神ソーとマーク・ラファロ演じるハルクがバディとなって、宇宙を舞台に繰り広げるロードムービーになるとされている本作。ハルク役のマークは8月初旬にオールアップを迎えていたが、この度、すべてのキャストが撮影を終えたようだ。動画では、ホラーコメディー『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』などのワイティティ監督がユーモアたっぷりにぺちゃくちゃとしゃべりながら、セットに小道具、そしてキャストやスタッフを紹介していく。

 「宇宙の荒れ地」と呼ぶように、ガラクタのようなものが積みあがったセットの一部を背景に、ワイティティ監督は「そういえば、今日が撮影最終日だったんだ。長い旅路が終わりに向かっているよ。とても楽しい時を過ごしたね」と報告。ワイティティ監督がクリスとアスガルドの女戦士バルキリー役として初出演するテッサ・トンプソンの横を通り過ぎると、2人もカメラに興味津々。最後は3人で肩を寄せ合って、仲良く本作をアピールした。

 ゆるくユニークな作風で知られるワイティティ監督は以前、Q&AサイトRedditで「『マイティ・ソー』に前作があることを忘れるように努力したんだ。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)が存在することも無視して、独自のスゴイ映画をつくろうとしている」と回答し、MCU作品の『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』を鑑賞していないことも明かしていた。この発言に期待するファンも多く、ワイティティ監督の個性が炸裂しそうな新作は、マーベルキャラクターたちの新たな一面を見せてくれそうだ。

 クリスとテッサに加え、トム・ヒドルストン、イドリス・エルバといったおなじみのメンバーに、オスカー女優のケイト・ブランシェットや『インデペンデンス・デイ』のジェフ・ゴールドブラムといった豪華キャストが新たに出演する。全米公開は2017年11月3日予定。(編集部・石神恵美子)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 10月
  4. 28日
  5. 『マイティ・ソー』第3弾クランクアップ!クリヘムたちが仲良く報告!