シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

オタク代表サイモン・ペッグ『シン・ゴジラ』を語る

オタク代表サイモン・ペッグ『シン・ゴジラ』を語る
ゴジラを鋭く分析したサイモン・ペッグ - 写真:日吉永遠

 人気シリーズ第3弾『スター・トレック BEYOND』を引っ提げ8年ぶりの来日を果たしたサイモン・ペッグが、日本行きの飛行機の中で観たという映画『シン・ゴジラ』について語った。

 東京まであと2時間というところで『シン・ゴジラ』を見始めたというサイモンは「映画も2時間でしょ? だからちょうど着陸するときに最後のシーンで、窓の外を見たら(東京の街で)『ワオ同じだ!』って(笑)」とそのときの驚きを身振り手振りで振り返る。

 オタクを公言しているだけに「素晴らしい映画だと思った。日本がゴジラを取り戻したように感じた。彼は比喩的にも精神的にも日本にとってとても重要な存在だ。敬意をもって言っているんだけど、アメリカ版のゴジラ2作(ローランド・エメリッヒ監督版とギャレス・エドワーズ監督版)がどのように“文化の盗用”だったのかということを理解した。彼らはゴジラを“ただのモンスター”にした。街を襲うただの大きなモンスターにね。日本の歴史では彼にはそれ以上の意味があるんだ」と鋭く分析。

 「『シン・ゴジラ』はとても頭がいい映画だよ。官僚主義についての部分も気に入っている。街に現れたこの巨大なモンスターをどこの省が対処するのだとかね。それでいて日本の精神を表している」と続け、「本当にもう一度観たい」とすっかり気に入った様子だった。

 現在公開中の『スター・トレック BEYOND』ではスコッティ役に加え、脚本も担当したサイモン。昨年末の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』にもアンカー・プラット役で出演し、脚本にアドバイスもするなど、大ファンだった2作の新たなチャプターに貢献することになった。「途方もない仕事だったよ。『スター・トレック』で実際にキャラクターや世界を作り上げて、その世界に自分のサインを残せるなんて。『スター・ウォーズ』をやるのも楽しかった。自分が大人になってこの二つの作品の中に入ったり、作ったりすることになるなんて夢にも思わなかったから、夢がかなった以上だ」「オタクだったのが、オタクが好きな映画の中に入ることになった」と笑っていた。(編集部・市川遥)

映画『スター・トレック BEYOND』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 10月
  4. 29日
  5. オタク代表サイモン・ペッグ『シン・ゴジラ』を語る