シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『デスノート LNW』を観る前に!押さえておきたい10のコト(1/2)

『デスノート LNW』を観る前に!押さえておきたい10のコト
サプライズ満載! - (C) 大場つぐみ・小畑健/集英社 (C) 2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

 映画『DEATH NOTE デスノート』の続編『デスノート Light up the NEW world』がついに公開。観る前に注目しておきたい10のポイントをご紹介します。

1. 舞台は前作から10年後

 本作の舞台は、キラこと夜神月(藤原竜也)とL(松山ケンイチ)の対決から10年、新たに6冊のデスノートが落とされ大混乱に陥った世界。原作者・大場つぐみのアイデアを取り入れたオリジナルストーリーが展開されます。

デスノート

2. 主人公はデスノートオタク

 デスノート対策本部特別チームの捜査官でデスノートオタクの主人公・三島創に東出昌大、その三島と共にデスノートを追う世界的名探偵・竜崎に池松壮亮、そして三島や竜崎を翻弄するサイバーテロリスト・紫苑優輝に菅田将暉がふんしています。

デスノート

3. 竜崎はLの正統な後継者

 池松演じる竜崎は、Lが生前に残した遺伝子から生まれたLの“正統な後継者”。ICPO(国際刑事警察機構)により警視庁のデスノート対策本部に送り込まれた人物です。

デスノート

4. 夜神月、Lが復活!?

 今回の一番のサプライズといえばコレ。藤原と松山が月とLを再び演じていることが発表されています。前作で死闘を繰り広げた二人がどのように登場……?

デスノート

5. ミサミサがアイドルから女優に成長

 前作ではアイドルだったミサミサこと弥海砂(戸田恵梨香)も、女優に成長して登場。すでにデスノート所有権を失い、ノートに関する記憶や「死神の目」(人の名前と寿命がわかる特殊な目)もなくなったはずですが、その手には再びデスノートが……。

デスノート

6. リュークはよりリアルでダークに

 死神リュークのビジュアルも、佐藤信介監督の新解釈とVFXの進化と共に、よりリアルかつダークに。声を演じるのはもちろん中村獅童。さらに今回はフェイシャルキャプチャーにより、中村の表情までがリュークに反映されているそう。

デスノート

7. 声はあの人気俳優!新たな死神が登場

 リュークのほかにもアーマ、ベポという2体の新たな死神が登場することも明らかになっています。真っ白な見た目をしたアーマの声は人気声優の沢城みゆき、金色の顔をしたベポの声は俳優の松坂桃李が演じています。

デスノート

8. 安室奈美恵が主題歌&劇中歌を担当

 これまでレッド・ホット・チリ・ペッパーズら海外アーティストが主題歌を歌ってきた『デスノート』ですが、今回はシリーズ初の邦楽。主題歌「Dear Diary」は映画タイトル“Light up the NEW world”をコンセプトにした壮大なバラード、劇中歌「Fighter」はミサミサの目線から描かれたダンスナンバーです。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 11月
  4. 2日
  5. 『デスノート LNW』を観る前に!押さえておきたい10のコト