シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ポスト長澤まさみの東宝シンデレラ8代目は大阪出身の15歳美少女!

ポスト長澤まさみの東宝シンデレラ8代目は大阪出身の15歳美少女!
グランプリに輝き今後への抱負を明かした福本莉子さん

 第8回「東宝シンデレラ」オーディションのグランプリ発表会が13日、東京・お台場のシネマメディアージュで行われ、大阪府出身の福本莉子さん(15歳)がグランプリの栄冠に輝いた。第7回でグランプリに選ばれた上白石萌歌、さらに同回で審査員特別賞を共に獲得した山崎紘菜に見守られる中、福本さんは「言葉に表せないくらいうれしいです」と喜びを語った。

 1984年にスタートした「東宝シンデレラ」オーディションは、これまでに長澤まさみや水野真紀、沢口靖子などを輩出してきた。5年ぶりの開催となった今回は、総勢9,508名が参加。初めて書類審査が廃止となり、公式サイトからのデジタル応募に一本化され、参加者全員に全国10か所で面接審査を実施。3月の応募開始から数えて、8か月に及ぶ選考が行われてきた。

 ファイナリストに選ばれたのは、わずか11名。10人のライバルを退けてグランプリに輝いた福本さんは、「すごいびっくりして、言葉に表せないくらいうれしいです。グランプリという、とても良い賞をもらえて、心から本当にうれしいです」とにっこり。今後の抱負を「いろいろな世代の人に愛されるような、そんな女優さんになりたいです」と話し、憧れの女優については、「長澤まさみさんです」と答えた。福本さんには特典として、史上最高額の賞金300万円と、集英社原作の東宝配給作品で映画デビュー、来年夏に開催予定のイオンモール・ティーン向けイベントのキャラクター就任が与えられた。

 グランプリの発表後に、福本さんは初の囲み取材に応じた。応募したきっかけは「友達に薦められて」とのこと。女優には「ちょっと興味があった」そうで、共演したい俳優を聞かれると、「え~……。優しい人」と照れ笑い。時には恥ずかしがりながらも、落ち着いた受け答えを見せる福本さんに、山崎は「本当に落ち着いていて、私5年前にこんなに落ち着いていなかったなと思って(笑)。すごいしっかりしている」と絶賛していた。(取材・文:岸豊)

第8回「東宝シンデレラ」オーディション 結果

●グランプリ
福本莉子さん(15歳/大阪府出身)

●審査員特別賞(以下4名)
柿澤ゆりあさん(13歳/長野県出身)
鈴木陽菜さん(13歳/埼玉県出身)
神谷天音さん(13歳/静岡県出身)
井上音生さん(12歳/愛媛県出身)

●アーティスト賞
崔愛花さん(18歳/東京都出身)

●レピピアルマリオ賞
本山優さん(11歳/愛媛県出身)

●集英社各賞(以下5名)
「りぼん」賞:井上音生さん(12歳/愛媛県出身)
「別冊マーガレット賞」:柿澤ゆりあさん(13歳/長野県出身)
「週刊少年ジャンプ賞」:神谷天音さん(13歳/静岡県出身)
「ヤングジャンプ賞」:鈴木陽菜さん(13歳/埼玉県出身)
「Seventeen賞」:福本莉子さん(15歳/大阪府出身)
「non-no賞」:神谷天音さん(13歳/静岡県出身)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 11月
  4. 13日
  5. ポスト長澤まさみの東宝シンデレラ8代目は大阪出身の15歳美少女!