シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「クリミナル・マインド」ホッチ不在、本当の理由が放送

「クリミナル・マインド」ホッチ不在、本当の理由が放送
解雇されたアーロン・ホッチナー役のトーマス・ギブソン - Eddy Chen / CBS via Getty Images

 米テレビドラマ「クリミナル・マインド FBI行動分析課」でFBI特別捜査官アーロン・ホッチナー(トーマス・ギブソン)が不在となった本当の理由を語ったエピソードが、アメリカで放送された。

 脚本家を蹴り、クビになったトーマスが不在となった初のエピソードでは特別任務に出ていると説明されていたが、真相は違うとロッシ(ジョー・マンテーニャ)の口から説明されたという。TV Line などによると、ある捜査を行っていたところ、仲間に別れのあいさつをすることなく、姿を消すことになってしまうそうだ。

 ホッチはいなくなる前にエミリー・プレンティス(パジェット・ブリュースター)を新たなチーム・リーダーに推薦しているという。(澤田理沙)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2016年
  3. 11月
  4. 27日
  5. 「クリミナル・マインド」ホッチ不在、本当の理由が放送