シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

菜々緒革命、いや覚醒!

  • 土竜の唄 香港狂騒曲
    ★★★★★

    『秘密』より、ずっといい生田斗真の前作に続く、全裸から始まる「チャイニーズマフィア編」。タイトルに入っていながら、香港は後半、実景撮影のみという『漂流街』を手がけた三池崇史監督ならではのハッタリ感や、古田新太演じる強敵・モモンガの存在感などは決して悪くない。だが、前作以上に、キャラが入り乱れ、スピーディに展開されるアホアホなノリについていけないと散々な目に遭うだろう。若干、堤幸彦テイストを感じるのも問題だ。そんななか、本作のMVPは確実にヒットガール役の菜々緒。パンチラ、スッポンからの白目、そして虎!と、三池監督の手により覚醒した彼女の“No.1悪女女優の向こう側”を目の当たりにした。

⇒映画短評の見方

くれい響

くれい響

略歴: 1971年、東京都出身。大学在学中、クイズ番組「カルトQ」(B級映画の回)で優勝。その後、バラエティ番組制作、「映画秘宝(洋泉社)」編集部員を経て、フリーとなる。現在は映画評論家として、映画誌・情報誌・ウェブ、劇場プログラムなどに寄稿。また、香港の地元紙「香港ポスト」では10年以上に渡り、カルチャー・コラムを連載するほか、映画やCDでAKB48のオフィシャルを担当するなど、ライターとしても多岐に渡って活動中。

近況: 『ペット』『キング・オブ・エジプト』『ヒメアノ~ル』『シマウマ』などの劇場パンフにコラム・インタビューを寄稿。「1980年代の映画には僕たちの青春がある(キネ旬ムック) 」「悲運の映画人列伝(映画秘宝COLLECTION)」「別冊映画秘宝2016年版 この映画を見逃すな! 」「俺たちのジャッキー・チェン (HINODE MOOK)」に作品・解説などを寄稿。そのほか「キネマ旬報増刊」にて井口裕香&日高里菜、「CREA WEB」にて松居大悟監督のインタビュー記事が掲載中。

サイト: http://blog.goo.ne.jp/asiareview/

» くれい響 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク