シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

笑いとエロと勢いで、七難隠す

  • 土竜の唄 香港狂騒曲
    ★★★★★

    数々の俳優たちの新境地を開拓してきた三池崇史監督。
    生田斗真もその一人だが、今回はじゃじゃ馬娘を演じた本田翼。
    最近の彼女は映画『少女』、ドラマ「地味にすごい」と影のあるクールな役がハマってるが、
    そこに色香と気迫も加わって、仲里依紗と堂々タメを張る。
    映画『起終点駅 ターミナル』の頃とは雲泥の差で、これだから女優は、突然”化ける”から面白い。
    ほか菜々緒に鈴木砂羽と、前作のおっさんたちに代わり、女優陣の奮闘が目立つ本作。
    つまり下ネタがパワーアップ。
    その分、物語はいささか散漫になり、菊川怜二の強敵となるはずだった兜真矢(瑛太)の存在も薄れてしまったが、
    間違いなく満腹感は得られるだろう。

⇒映画短評の見方

中山 治美

中山 治美

略歴: 茨城県出身。スポーツ紙記者を経てフリーの映画ジャーナリストに。週刊女性、GISELe、日本映画navi、Kiite! 、歴史人などで執筆中。テレビ好きが高じて朝日新聞でTVコラム「よこしまTV」を月1回連載しております。

近況: 本サイトで「映画で何ができるのか?」と「ぐるっと!世界の映画祭」を連載中。また、編集に携わった塚本晋也監督・著「『野火』全記録」(洋泉社)も発売中デス

サイト: http://www.daily.co.jp/gossip/nakayamacolumn/

» 中山 治美 さんの映画短評をもっと読む

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク