シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ペネロペ・クルスとサルマ・ハエック、共演の感想は?

ペネロペ・クルスとサルマ・ハエック、共演の感想は?
どことなくサルマ・ハエックと顔立ちが似ているペネロペ・クルス

 スペイン出身のペネロペ・クルスと、メキシコ出身のサルマ・ハエックが、新作ウェスタン『バンディダス』(原題)の現場について語った。スペイン語を母国語とするふたりは、撮影中も息はぴったりだったよう。14週間に及ぶ撮影を終えたクルスは、「初日から終わりまで、とても楽しかったわ。彼女とはすごく話があうの」と語る。本作はリュック・ベッソン脚本・製作の西部劇で、19世紀のメキシコを舞台に、育ちの違うふたりの女性が協力して銀行を襲う物語。ハエックは、「ベッソンから最初に言われたのは、この女性たちは英雄でありながら、女性であり続けたってこと。男になろうとした女たちではないの」と語った。[12月20日 メキシコシティ]


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2004年
  3. 12月
  4. 24日
  5. ペネロペ・クルスとサルマ・ハエック、共演の感想は?