シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ダスティン・ホフマン、現代の劇場文化を嘆く

 『ネバーランド』『ミート・ザ・フォッカーズ』(原題)などでベテランの貫禄を見せているダスティン・ホフマンだが、数年前には演技への情熱を失い、監督や脚本業へ専念しようと思っていたそうだ。ホフマンは現代の映画や劇場文化について「ゴミ溜め状態」と語る。「映画を見に行けば三流の演技を見せられる。一流もニ流もない。劇場も同じだ。ブロードウェイでもロンドンでも、やたらと特殊効果が求められて、文化的にいい時代じゃないよ」と憂いを告白した。


関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2005年
  3. 1月
  4. 31日
  5. ダスティン・ホフマン、現代の劇場文化を嘆く