シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ブロークバック・マウンテン』、米放送映画批評家協会賞で最優秀作品に

 第11回放送映画批評家協会賞がアメリカで発表され、『ブロークバック・マウンテン』が最優秀作品賞を獲得し、オスカーに一歩前進した。主演男優賞は『カポーティ』(原題)のフィリップ・シーモア・ホフマン、主演女優賞は『ウォーク・ザ・ライン 君につづく道』のリース・ウィザースプーンが獲得した。その他の主な受賞者は次のとおり。

助演女優賞:エイミー・アダムス『ジューンバッグ』(原題)と、ミシェル・ウィリアムズ『ブロークバック・マウンテン』

助演男優賞:ポール・ジアマッティ『シンデレラマン』

監督賞:アン・リー『ブロークバック・マウンテン』

脚本賞:ポール・ハギス、ボビー・モレスコ『クラッシュ』

ヤング男優賞:フレディ・ハイモア『チャーリーとチョコレート工場』

ヤング女優賞:ダコタ・ファニング『宇宙戦争』

作曲賞:ジョン・ウィリアムズ『SAYURI』


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 1月
  4. 11日
  5. 『ブロークバック・マウンテン』、米放送映画批評家協会賞で最優秀作品に